2019/8/5

S.O.S. – Slower, Older and Smarter.

自分の強みって何だろうか、という時に、長らく一貫してあったのは、最速の問題解決を時間コストを最小化して低価格で実現する、みたいなことだったのかなあ、と思うんですよね。フリーランスをやって来て、色々タイプの人がいると思うのだけれど、僕は割と「Speed」と「Trick」で生きて来た印象があります(スポーツやってても大体そう)。

若い頃はそれでも良かったのだが、実際に40歳を手前にして思うのは、そういうアクセス踏みまくってボリュームを捌いていく仕事というのは、どこかで立ち行かなくなる(ないし、現状を鑑みると、立ち行かなくなった)ということかも知れないなあという。

そういう意味で、最近気になっていたキーワードが「Slow」ということでした。必要なことに時間をかける、余剰を見込んで時間を作る、1つのことに時間を費やす、というようなこと。僕は振り返ってみれば、確かにそういうところは苦手だった気がしていて、なんか、Business Attitudeとしての「Slow」ということが、これからのためには必要になってくるのではないか、そんな気がしました。

丁寧な暮らし、がブームになったけれど、丁寧な仕事か。もしかしたら、丁寧な暮らしを因数分解していった時に、丁寧な仕事のエッセンスってあるかも知れないですね。ただ、時間をかけるとか、ゆっくりやるとかじゃなくて、仕事における、質とか、豊かさ、みたいなものがリフレッシュされると良いなという気がして、成果物は勿論だけど、なんかワークスタイルに関する色々なことだろうな、という気もします。

あんまり過去を反省材料というか反面教師にし過ぎない方が良いというか、それはそれ、それなりだった気はするのだけれど、ちょっとトーンは変えた方が良いのかも知れない、そんな気がします。

そんなことを考えながらネットでちょっと検索していたら、面白いコンセプト?を見つけました。「Slower, Older and Smarter」で「S.O.S.」なんだそう。ああ、こんな感じかもなあ、という気がしました。最小工数とか最短距離とか、若かりし頃の突き詰めていくやり方ではなくて、ゆっくり時間をかけてスマートに、という。

S.O.S… Slower, Older and Smarter !! | Thoughts of Sho

なんかこれ、折々でS.O.S.だろ、と立ち返れるようにしたいなあと。備忘を兼ねて。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円