2019/7/1

加藤康祐企画設計、夏 – New World Order

上半期何やってたかなあと思うと、特に4月からは釜石遠征に始まり、ラグビーやってたなあと思うのですがw、今日から7月ですね。おかげさまで、10月に産声をあげた個人事業、加藤康祐企画設計も年明けての6ヶ月間、何となく仕事らしい仕事ができるようになって来ていて、少しリズムが作れて来たかなあという感じがします。

現場感を取り戻す

ちょっと仕事できなくなってるかもなあ、みたいな心配はあったのですが、案外そういうことはなく、考えてみればブランク長めに見ても半年くらいだったので、いくつか仕事やりながら、大分仕事してる自分のイメージが戻って来ました。休みながら仕事もしていく、みたいな感じで、ちょっと工夫も必要でしたが、良いマイペースが作れた半年だったように思います。まあしかしよく寝たな。しばらく分の不足していた睡眠時間を回収した感じがしています。

人生の登場人物を絞る

あまり焦って色々な人に連絡取ると、まだ回復途中だし、なんかへまるかもなあみたいなこともあって、久し振りに「人生の登場人物が少ない」期間を過ごしたなあと思います。これ結構良くて、色々なことがシンプルになるので、目の前のことに集中しやすかったように思います。こういう時期も必要なんだなあという気がしました。SNSしばらく休めば、みたいなご助言も実はいただいたりしていたんだけど、日々のことを着実にやりつつ、SNSで緩めに色々な人と繋がってる、みたいな状態は割と良かったのではないか。なんとなく自分の日常に飽きないようにしたり、テンポ出すにも良かったように思います。

意識の変化

入院して、病識というのがしっかりできて、ほんと久し振りに障害ということを意識したり(障害者手帳や医療費の自立支援の申請したり)、生活保護や障害年金に頼らないととか、これからどうしていこうかなということに対して割と0スタートだったんですが、生活や仕事、あとラグビーもか、が少しずつ回るようになり、最近は病気とか障害の意識ってほとんどもうなくなって来ていて、いわゆる寛解みたいな状態に近いんじゃないかと感じます。

なんか変わったなと思うのは、やっぱり仕事ガツガツやっていた頃って、稼ぐことで刺激中枢を満足させていたところがあって、そこで人生ドライブしているところが大きかったのだけれど、今そういうアドレナリンたくさん出る感じで仕事しておらず、割と淡々とやっていて、しばらくそういうのが良いのじゃないかなあという気がしています。良い仕事は作っていきたいのだけど、ゆっくりやっていこうかなあと。

まとめ

とは言え、下半期は仕事を伸ばそうと思っていて、先月は久し振りに石巻も行きましたし、ちょっとギアを入れて足を動かそうかなあという気がしています。しばらくあまり八王子を出ない生活してたので、人に会って話して、という機会を増やそうかなと。やっぱり動かないと始まらない部分あって、逆によく半年我慢してたな、という感じもしてるんだけど、ちょっとずつアポ入れ始めてる。まずは仕事に直結するようなことじゃなくて良いので、人と話して考えて、というサイクルをもう少し回せるようにしていきたいなと。

もうちょっと回転数上がるかなあ。引き続き、加藤康祐企画設計を宜しくお願いします。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円