2007/7/14

Whitehouse Coxの財布が蘇った

部屋の掃除をしていてふと目に付いた黒のブライドルのWhitehouse Coxの財布。5年ほど乱暴に使って放置していたので、今年買い換えたのですが、中身を出してしばらく置いていたら結構歪みが少なくなっていました。「これ、手入れしたらまた使えるようになるんじゃね?」と思い立ちチャレンジ。

FrameのWEBサイトを見ながら、まず指で薄く丹念にレザーパームを刷り込みます。で30分ほど放置。その後、ブラッシングしてやるとあら不思議。見事に復活しました。無論、新品とは別物ですがエイジングという意味ではむしろ味があるでしょくらいの仕上がり。さすが10年選手と言われるだけあります。

というわけで、赤と黒をとっかえひっかえ使っていこうと思います。Whitehouse Cox万歳。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram