2019/3/10

成功体験を作る – 問題解決のその先へ

僕の仕事はオーソドックスな問題解決の仕事です。クライアントから問題を提示され、その解決方法を考えて、解決策を作ります。なのだが、フリーランスを続けていると、その繰り返しではないことがよくわかります。漢字ドリルや計算ドリルにはないものがある。

最近、思うのは、大事なことはクライアントに成功体験を作ることだ、ということです。加藤に頼んだので、加藤と仕事したので、うまくいった、こういうことを窓口の人でも、代表の人でも、思ってもらえるように仕事ができると、そこには成功体験が生まれます。それが記憶として残れば、また仕事をしたり、時間が空いてから思い出してくれたり、場合によっては転勤先や独立しての新規事業などでもお声がけしてもらえたりします。

一口に成功体験と言っても色々あります。単純に進行がスムーズだったということもあるだろうし、こだわり抜いたものができたということもあるでしょう。もっとわかりやすく、売上が伸びたとか、利益が上がったとかもあるでしょう。コストパフォーマンスが良い、というのはあんまり成功体験っぽくなさそうだけども、割いたリソースよりも高いバリューを提供できた可能性がある、という意味では、クライアントにとって成功体験となっていることもあるでしょう(経営の視点でいくと特にそうですね)。あと僕が大事にしているのは関わった「人が育つ」ということですね。こういうのは成功体験そのものになる気がします。

あと僕のような商売は、クライアントが成功体験と感じるのが、プロジェクトが僕の手を離れたずっと後、ということもありますね。そういうのも、めぐりめぐるものなので、絶対、自分の見えない資産になっていくはず。どんな仕事も、案外、一期一会、「ではない」ことが多いです。

ただ、あくまで取り組むべきは問題解決、なんですよね。成功体験を作ろう、作ろうとしても作れるものではなく、問題解決に真摯に取り組んだ先に成功体験があって、その積み重ねが、良好な関係性に繋がっていくんだろうと思います。同じように失敗体験っていうのもあって、ただ大体経験というのは成功体験 or 失敗体験というように白黒切り分けられるものではなく、むしろ成功と失敗が入り交じるもののような気がします。その上で、ポジティブな評価、次に繋がる評価がもらえるのか、というのが大事かなあと。

評価って大事です。ええ子ええ子してれば仕事で良い評価をもらえるかというとそういうものではなく、かと言って感じ悪かったり付き合いにくいのはやはり嫌だし、相性とかもあるけれど、仕事は始めから終わりまで、その態度が評価の対象で、成果物が全てではないと思います。実際、ポートフォリオ見て評価される仕事でもないんだよな。まあすごいざっくり言うと、評判で、初めての仕事の評価は半分くらい決まって、後は対面での印象で、仕事が始まって初めて僕の評価が始まる。ある意味、怖いことのようにも思うけれど、それがフリーランスですよねえ、という気もします。

案外、クライアントは他のクライアントとやった仕事に興味なくて、自分に何を提供できるのか、一緒に何ができるかというところに関心がある気がします。

なんかダラダラ書いて来ましたが、この辺が客商売を長く続けるための肝のような気もして、僕自身なんかそういうものに支えられてる気がするんですよね、という話。

個人事業、加藤康祐企画設計のWebサイトはこちら

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円