2018/8/13

モーターサイクルと用の美 – 電動アシスト自転車と軽自動車への興味

八王子で最初に買った大きな買い物が電動アシスト自転車でした。いわゆるミニベロと呼ばれるタイプだと思うのだけど、デフォルトで十分スタイリッシュ。スポーティというより、コンフォタブルで乗り心地も良く、安心のYAMAHA製でとても気に入りました。

一方でこの自転車、なかなか危なくてですねw。電動アシストなので、油断してると初速でいきなりスピードでちゃったりするんです。なので安全運転には注意力と運動神経の両方が必要で、まだ数回しか乗れてないのですが、すごい楽しくて、お勧めです。ロードバイク乗ってるようなガチのサイクリストの人にも物珍しげに見られます。

その上で車なのだけど。僕実は人生で新車、中古含め、車を1台も買ったことがありません(ちなみにローンを組んだこともない)。車にも興味ありませんでした。けれども病院の駐車場を眺めていて気づくことあり。東戸塚の西武では外車や高級車ばかり止まってて、そんなもんいらんわ、と思ってたんですね。ただ病院に入る車は大体容量大きそうで、車いすの出し入れもできるようなコンパクトな実用車。無茶かっこいいじゃん、それ!と思ったんです。

そんなこともあり、『軽自動車のすべて』というムックを買ったところ「軽自動車こそ用の美だわ」と柳宗悦ばりに思ったのでした。僕の好みは容量重視だとSUZUKI SPACIA、DAIHATSU MOVE CAMBUS、ただ本当に乗ってみたい!と思ったのはDAIHATSU CAST ACTIVAとDAIHATSU TOCOTでした。

また今は新車でも購入ではなくリースというのも一般的になって来ました。これだと、お試しでマイカーを持つにも借金を抱えず、好きなだけ使って賃貸物件のように返すことができます。僕がやるならこれかなって思います。カーシェアリングよりは所有欲を満たせそう。中古で買うよりもリーズナブルに自分の欲しい物に手が届きそうです。安全対策などはやはり新車の方が先に進んでそうですし。

乗ってみたいぞ、軽自動車!という気持ち。


Also published on Medium.

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円