2018/4/15

地盤、看板、鞄 – Experience Transportersの表札とET, Inc.のステッカーと

ええと、色々ありまして、実家にあったExperience Transportersの看板を外して来ました。これ何年か前に板とオーダーステッカーで自作してた看板で気に入っていたのですが、何となくクレーム言ってる人が多い感じがしまして、面倒くさいなと。ご存知の通り、Experience Transportersは6年前くらいにET, Inc. 株式会社イーティーとなり、法人化されて、個人事業主としてのExperience Tranportersは廃業届を提出してあります。何で貼ってあったのは思い出というか、昔の名残というか、そんな感じでしょうか。

改めまして、株式会社イーティー、何やってるかというのは、うちのWebサイト見ればわかります。業務実績はExperience Transporters時代のものも含まれています。

ET, Inc. / 株式会社イーティー | The Incentive Engine

そんなわけで、もういいやと思い、除光液でアロンアルファで接着してあった表札を外して、家に持って帰って来て玄関に飾りました。代わりと言ってはなんですが、帰りがけにマンションの管理会社に立ち寄って、小さなステッカー貼って良いですか、とうかがったところ、許可いただいたので、晴れて、ET, Inc.のアジトが訪問者の方から見えるようになりました。

2018 04 15 07 50 40

さて、地盤、看板、鞄という言葉があります。世にいう3バンです。政治家に必要なこと、なんですが、僕自身はあんまりないかなあ。選挙区が限定的な政治家の人はここの強固さが必要だと思うのだけど、僕の仕事仲間は日本中、世界中に散らばっていて、ないし、飛び回っていて、あんまり地元との結びつき、ない気がします。お店の人とかとはとっても仲が良いけれども。

Glocalという言葉があります。東戸塚でやっていることが、霞が関に影響を与えたり、横浜でやってることが、サンフランシスコに影響を与えたり、みたいな。最近、今ここに地盤、看板、鞄が、株式会社では仲間、知名度、資金と置き換えられるとした時に、改めてETの価値ってなんだろうなあ、などとも思っています。色々考える時期ではある。

さてこれから、もう一回、腰を据えて頑張ろう、そういう意味じゃ、ETの名前が表に出たのはなんか良い感じがしますね。

個人事業、加藤康祐企画設計のWebサイトはこちら

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円