2018/4/12

二枚舌とTalk Straight

NHKにSwitchという番組があるのをご存知でしょうか。読んで字の如くSwitchで、水曜日のカンパネラ(SFCの後輩にあたる)と松岡正剛(古い仕事仲間の師匠)の回を見て以来、面白いなって思います。こないだは布袋寅泰が出てましたね。

似たような言葉で二枚舌というのがありますね。シチュエーションに応じて、言い方を使い分けるというような。これって以前書いた、日本社会が自律神経失調症になってしまっている、ってことの症状への対応策だと思うのだけれども、これ多分実は違うんじゃないかなあって気がするんですよね。

最近、すごく普通に喋れることが大事だと思っていて。ついでに何かを言う、みたいなことをせずに。

ずっと大事にしている言葉の一つにTalk Straightという言葉があります。まあきちんと喋ろうよ、ということでしょうか。Switchしない。穏やかな時には穏やかに、普通の時には普通に、怒った時はそれなりにw、但しTalk Straight。

日本語は美しい言語だと思うので、それが乱れるというのは、常々残念なことだなと思うのですよね。

二枚舌を身につけてしまった人には倫理が、間違った喋り方しかできなくなってしまった人には治療が必要なのではないかなあと。

実際、この「ついでに何か言う」を会食の時などに隣席にも人がいる状態なのでやられると、訂正と本題でてんてこまいになって、僕すごい疲れます。普通の喋り方しかできないので。

Switching Hubをコミュニケーションに持たない、みたいなことでしょうか。

美しい国、ってありましたが、美しい言語、としての日本語、っての、案外今の社会問題を解決するのに大事なんじゃないのかなあって思いますね。

個人事業、加藤康祐企画設計のWebサイトはこちら

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円