2018/3/16

人生の春休み

ああそういうことだなあと思ったのですが、人生の春休みを少し取ってみることにしました。ソーシャルセクターと僕の付き合いというのは、えと菜園のサポートを5年ほど、ブリッジフォースマイルのサポートを5年ほど、というイメージでしたが、一旦、小休止を入れようかと。ラグビーの仕事もメイン外れたのでなくなり、久し振りにETに全力投球、というところでしょうか。

さて、春休みとした時に何をしたいかということをちょっと考えてみることにしました。

中長期的に移住しても良いような場所を見つけたい

東戸塚大好きっ子なのですが、なんか一方で地方で暮らすことに憧れありまして。食材も良さそうだしw(そこかよって話ありますが)。例えば、移住して仕事もプライベートも楽しめそうな場所として今イメージできるのは、高松とかがあります。ちょうど良さそうな印象。田舎暮らししたいわけでもないのですが、僕の仕事はある意味、そういう都心と距離のある生活でも親和性はありそうなので、そういうこと考えても良いかもなと最近思ったりもしています。

ワークレートを上げたい

もう少しワークレートが上がると良いなというイメージがあります。ちょっとこの半年くらいは、ソーシャルセクター、ラグビー、ETと三つ巴の戦いみたいになっててえらく忙しかったのでw、ETに注力した時に、ETでのワークレート上がると良いなと。ここなんか根性論じゃなくて、工夫で改善したいなあと思います。

人と話そう

春。というわけで、人と話す機会を増やせたらなと。なんか40代に向けて色々考えないといけない時節のような気もしていて、なんか未来への展望みたいなことを、親しい人と話す時間を増やしたいなあと(今あることへの愚痴はもう良い)。幸いにして、話したい人いっぱいイメージできる人生なので、平たく言うと、親交を深める、みたいなことやりたいなと。

まとめ

というわけで、人生の春休みの計画でした。子どもの頃も休みになる前は春休みの計画みたいなの立てましたよね。そんなイメージ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
農で輝く!  ホームレスや引きこもりが人生を取り戻す奇跡の農園
小島希世子
河出書房新社
売り上げランキング: 206,657

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram