2018/2/4

フォロワーシップ論 – チームを支えるもの

世の中には色々なタイプのリーダーがいます。この仕事をしていて1つ特徴的なのは中小企業の社長さんとのお付き合いがとても多かったということです。色々な人にお世話になって来ました。仕事だけでなく、NPOやラグビー、色々なタイプのリーダーがいます。翻ってフォロワーシップ。組織で仕事していく上でフォロワーシップって大事じゃないかと思っていて、今日は特に、リーダーシップとフォロワーシップ、特にフォロワーシップの方に力点を置いて書いてみようと思います。

リーダーの長所と短所を見ない、リーダーが自分より優れているところ、自分がリーダーより優れているところを見る

これが1つ大事なことではないかと思います。よくありがちなのが、リーダーの長所も見るが短所も指摘してしまうということ。僕が思うのはリーダーが自分より優れているところと、自分がリーダーより優れているところを見定め、関係性の中で相互補完していくことが大事なんじゃないかなと。こうするとお互いがアラ探しをしなくて済み、良いコミュニケーションが生まれる気がします。双方が苦手なこともあるかも知れなくて、そういう時は第三者を巻き込めば良い。

リーダー対自分ではなく、リーダーがなぜそう考えたのかをまず考えて、そこに自分の意見を当てていく

またよくあるのが、リーダーと自分の意見の食い違いですが。ここで大事になってくるのが「なぜ、リーダーはそのように考えたのか?」ということをまず徹底的に考えるということです。リーダーがこういう意見で、自分はこういう意見で、というのをそのままぶつけ合うと食い違うのは当たり前。リーダーが先に意見を出してきたのなら、なぜそう考えたのかをしっかり考え、そこに添える部分と添えない部分を切り分けて、そこから議論を始めていけば良いと思います。添えない部分に自分の意見を当ててみる。ここの想像力の働かせ方は、フォロワーシップの大事なポイントじゃないかと思います。

驕らない、媚びない、リーダーのせいにしない

最後に。ありがちなのがリーダーはリーダーなのだから結局リーダーに責任があるという話。これ冷静に考えると組織で抱えている課題を個人の能力や性格に収斂するのって完全に非効率ですよね。全く解決の目処が立たない。リーダーがサボっててどうしょうもない、みたいなことならやむなしですが、そうじゃなくて、熱量は高いのにうまくいかないのだったら、問題はむしろ組織の共通課題として分散して処理した方が良いです。ここで大事になってくるのが上に挙げた2つのポイントでもあります。リーダーシップとフォロワーシップが噛み合って初めて組織はうまくいく。リーダーシップのみの組織運営ってあり得ないのです。「自分たちはチームである」って意識が必要なんですよね。単純なんだけど、意外とこれが無意識のうちに落ちていることってあると思います。組織にはリーダーよりフォロワーの方が多いわけなので(人数的に)、実は組織がうまくいくかはむしろフォロワーシップの質にかかっているとも言えそうです。

まとめ

大学時代、リーダーシップ論という授業を受けましたが、一方で僕はボスのアシスタントをしていて、リーダーシップとフォロワーシップ、両方ないと、仕事ってうまくいかないなというのを学生ながら感じていました。「リーダーシップとフォロワーシップのバランス感覚」これを1人1人が持つことが組織がうまくいく秘訣のように思います。

世の中の色々なところにリーダーという役割はあって、ET自体は1人ですが、リーダーシップを取らなきゃいけないこと、逆に、フォロワーシップを発揮しなければいけないこと、ままあります。リーダーシップもフォロワーシップも誰しもが持たなきゃいけないマインドなんじゃないかなあと思うんですよね。その方がより良い仕事できると思うし、楽しくなるよな、という。

実際にリーダーとフォロワーの関係性って仕事していく中でしばしば逆転して、また戻ったりして、お互いの関係性の中ではシーンに合わせて流動的だったりします。だからこそ、スタート地点で、お互いがリーダーシップとフォロワーシップを正しくセットアップしておくことが大事なんじゃないかと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円