2018/1/27

セルフ刈り上げスキルについて – ヒゲトリマーの話

なんかどうでも良いこと書こうと思って、刈り上げについて書いてみることにしました。昨年の坊主の時分から比べると、髪の毛大分伸びまして、ただ、サイドがもっさりしているの嫌なので、しばしば自分で刈り上げます。

そもそもの話

僕、18歳くらいから東戸塚の美容室ずっと同じところ通ってたのですが、一昨年のカナエールの1週間前、だから1年半前くらいでしょうか、閉店が決まりまして、同じ個人事業者という立場もあり、長年お世話になったこともあり、色々お話もしていたので、何かとても寂しい気持ちになってしまいまして。で、何だかそれから美容室行く気なくなって、セルフでやるようになって、気がつけばそこそこ刈りれるようになり。

そして、ヒゲトリマー

刈り上げるというとバリカンですが、僕の場合はヒゲトリマーを使っています。元々、顎髭伸ばしていることもあり、日常的に使う道具で。今は大体、2mmくらいで鏡見ながらサイドを刈り上げている感じですね。これなかなか楽しい。

水洗いできるタイプが良いと思います。これはあんまり間違いが起こりづらいタイプで、使い勝手良いです。大きく失敗したことないかな。運動の前とか、サイドさっぱりしていると気持ち良いです。多少まだらでも、1週間もすれば馴染みますw。

割と一家に一台的なものな気がしますね。便利。

あ、そういや、1年半越しでようやく次お世話になる美容室は決めれました、長かったなw。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram