2018/1/20

江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本、デヴィット・ルヴォー演出、中谷美紀主演『黒蜥蜴』に行って来た

好きな女優は?と聞かれると、この20年ほど思考停止かというくらい、中谷美紀一本槍だったのですが、江戸川乱歩原作、三島由紀夫脚本、中谷美紀主演、黒蜥蜴、観て来ました。

黒蜥蜴を観に行くと言ったら、美輪明宏?と聞き返されるくらい鉄板なんだそうですが、デヴィット・ルヴォーという海外の演出家を迎え、再構築された舞台でした。

梅田芸術劇場主催公演「黒蜥蜴」 | 公演スケジュール | 日生劇場

のっけから中谷美紀さんの放つ、三島由紀夫の長台詞に圧倒されます。一度頭のなかで活字変換しないと飲み込めないような、ポエティックで流麗な美しい言葉が矢継ぎ早に続きます。

ストーリー展開は分かりやすく、台詞のやり取りは難解、そんな感じだったかな。舞台演出の見立てもユニークだったし、音楽も世界観をよく包み込んでおり。

線の細い中谷美紀さんの初めて見る毒々しい女の野太さみたいなものは、圧巻だったし、なんかこちらの毒素を全部舞台に持ってかれた、そんな感じでした。赤紫のソファと接吻と抱擁を交わす一人舞台は、この作品のシンボリックなシーンだったかなあと。

実は今回2階席だったので中谷さんの顔はよく見えずじまいでしたが、舞台全体を見渡せたし、目を凝らすほどに作品世界に引き込まれていった気がします。

当代一、って言葉がありますが、すごいもの観たなという感想。映画では絶対に観れない芝居が観れたとも思います。素晴らしかった、すごかった。会場を後にする人波に紛れていても、周囲のすごかった、という一言を何度も耳にした気がします。

観福でした。

2018-01-20_05-33-46

久し振りに中谷美紀さんの写真集引っ張り出してみるなど。

『光 中谷美紀写真集』
『光 中谷美紀写真集』

posted with amazlet at 18.01.20
ロッキング・オン
売り上げランキング: 105,754
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円