2018/1/17

天野尚、坂本龍一、中村征夫 – アクアリウム、設置音楽、極夜

年明けまして、少しもろもろのことが落ち着いたので、しばらくお休みしていた美術展などに立ち寄る機会を復活させようと思っています。時間の余裕、素晴らしい。都内に出る用事がてら、ちょいちょい覗きに足を伸ばしています。年明け行ったいくつかをご紹介。

天野尚 – Nature Aquarium展

IMG_20180112_145940_448

アースガーデンの葛原君がすごく薦めていたので、観に行って来ました。素晴らしかった。前半はアマゾンなどの大自然を大判カメラで映した写真群、後半はNature Aquariumでした。借景、というか、水槽の中に自然の美しさが散りばめられていて、鮮烈で繊細でした。詳細は葛原君の記事が素晴らしいので是非読んでみてください。

水槽の中に自然を再現する<ネイチャーアクアリウム>を追いかけリスボンへ。ぼくが一番インタビューしたかった天野尚さんの話 | アースガーデン

長年、カナエールをEarth Garden、そして、greenz.jpで記事にしてくださってたのも葛原君です。毎年ほんとお世話になった。最初はほんと、良いことやってるから手伝って、のノリだったからな、ありがたいこと、よく付き合ってもらいました。

IMG_20180112_145940_445

葛君もピックアップしていた天野さんのこのメッセージ、きっと作品から伝わるはずです。

坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME

IMG_20180112_163028_657

続きまして、ICCの設置音楽2。これ最初の企画がワタリウム美術館であったはずなんですけど、行けずで、リベンジで、こちらに行って来ました。すごいカッコ良かった。これは是非体験してみるべきだなあと、説明が難しいんだけど、分解されて再構築された音楽を空間で体感できる、というような感じかなと。家でもよく坂本龍一さんは聴いてて、「Alexa、坂本龍一かけて」とよく言ってるのですが、500円で体験できる経験としては本当に素晴らしい。お薦めです。

ICC | 坂本龍一 with 高谷史郎|設置音楽2 IS YOUR TIME

中村征夫 – 極夜

IMG_20180114_135641_294

最後は写真展です。友人が北極圏人会というFacebookページで紹介していて気になり。グリーンランドのシオラパルクというところで1977年に撮影された写真で、冬の4ヶ月間は太陽が全く昇らず、それを「極夜」というそう。気温にしてマイナス40度。40年前の傷んだネガは、今回デジタル処理で復元されたそうです。白黒写真が力強く、現地の生の生活が切り取られてる感じがして、犬ぞり乗ってる写真や、アザラシ解体して食べてる写真や、極地の子どもの笑顔やら。ご本人は特に水中写真で有名な方のようで、真鶴岬で写真を始めるとあったから、僕がたまに黄昏に行く辺りかもw。

中村征夫さん、原点の写真集「極夜」 40年前に撮影:朝日新聞デジタル

極夜
極夜

posted with amazlet at 18.01.17
中村征夫
新潮社
売り上げランキング: 25,037

まとめ

という3つの展示でしたが、それぞれに良かったです。今年は色々観たいなあと思っています。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円