2017/12/24

2017年を振り返る

毎年、年の瀬に書いてるやつです。昨年のエントリはこちら。昨年はなんか特別なことをしない年というのが総評でしたが、今年は何だかとても特別な年だった気がします。

1.最後のカナエール 夢 スピーチコンテスト

まあ、これの年だったなって気がしますね。ボランティア募集からチケット販売、コンテスト開催まで、クロージングがあったこともあり、本当に全力でやる結果に。実行委員として5年ほど関わったプロジェクトでしたが、色々なことを学んだのと、僕のフルスペック突っ込んだプロジェクトとも言えて、デザインやったり、執筆したり、編集したり、Web作ったり、撮影したり、まああとプロジェクトのプロモーション。本当に充実してたなあと思います。社会的養護に関わることは止めない、というのは決まってるので、これからもカナエールのDNAを引き継ぎながら、社会に働きかけるような取り組みに関わっていけたらと思っています。

2.東京・横浜・福岡、三都市撮影

特に撮影のこと。今年は東京・横浜・福岡、3会場で撮影させてもらいました。念願の、と言っても良い。最後できて良かった。きっかけは福岡の代表の方が(東京・横浜と福岡は別組織で運営されていました)東京にいらっしゃってた時に、飲み会後の八重洲のラーメン屋で「なんか手伝えますかね?」「コースケには撮影来てもらいたいねー」「良いっすよ」みたいなかなりカジュアルに行く約束をしてしまったというだけだったんですが、結果、良かった。実は前回カナエール福岡観客として参加した時は、その翌日に祖父が倒れ、数日後亡くなったことあり、なんていうか難しい心持ちだったのですが、今年は福岡行くからということで、親族が法事の日程も調整してくれて、最後、撮影して来ることができました。じっちゃんの名にかけて、的な(じっちゃんカメラマンじゃないけどw)。良かったなー、という。

3.ニュージーランド大使杯25周年

というわけで、カナエールが大変だったなあと振り返っていたのもつかの間。やって参りました、下半期のビッグイベント、ニュージーランド大使杯。25周年の機会に、内輪だけが楽しむ大会から少し脱皮したいね、という話がありまして、今年はニュージーランド大使館や稲城市とも実行委員会でお話もし、例年以上に多くの方々のご協力を得ながら、天候にも恵まれ、良い大会にすることができました。僕、今年でリーグからの実行委員長、最後にすると決めていて、次の人へのバトンパスなんですが、なんか大丈夫な気がしています。最後の飲み会も本当に気持ち良かった!

4.ラグビー復帰

カナエールでのプレイヤーとしての役割がカメラマンとすると、ラグビーはいかにということなのですが。会社作るタイミングで引退して、5年ほど離れていたグラウンド、今年復帰することにしました。先輩たちが声かけてくださったこともあり、シニアの試合から(ラグビーでは35歳以上はシニアになります)少しずつ出していただいて、最初は本当に10分くらいの出場時間だったのが、何試合か重ねて現場感取り戻して、カナエール終わったくらいからペース上げて、秋に現役復帰することになりました。徐々にチームにも慣れて来て、最後の方は30分ハーフフル出場できるくらいまでなり(まあ、ワークレイトがどうかって問題はありますが)、他でもやらせてもらったりしたので、かなりラグビー充な1年になりました。現役復帰したから、25周年も頑張れたのかもなあという気もしますね。

5.ET 5周年

というわけで、ボランティアのイベントで本当に忙しかった1年だったのですが、静かに株式会社イーティーが設立5年を迎えました。会社作ったら何が変わるだろう、と思ってたんだけど、結構変わった気がしていて、たくさん面白いプロジェクトあったなと思うし、クライアントやパートナーも増えたし、色々作ったなあと思います。次のETとしての直近のマイルストーンは、Experience Transporters時代からカウントしての、のべクライアント数100社・者かなあと。今日現在で95社・者です。独立以来ずっと目指していた数字なので、来年が今から楽しみです。

6.アライドアーキテクツでのサービス開発

ちょっとばっくりしてますが、訪問先のアライドアーキテクツさんでUXデザインや画面設計の仕事に関わらせていただいて、2年が過ぎ、今年は特にサービスの改善だけではなく、新サービスの開発にも関わる機会をいただきました。週1回の訪問ですが、これ軸に1週間の仕事が回ってるようなもので、仕事が楽しい、今年も色々やらせていただきました。エキサイティングな1年だったなあと思います。

7.島の桜を見てみたい!高松

いつか、瀬戸内海をバックに島から桜を眺めてみたい、と思っていたのですが、今年、それ目当てに高松行って来ました。とても良かった!あと、うどん食べまくりました。この時に訪問した料理 遊というお店が素晴らしく、今度は誰か連れて再訪したいなあと思っていたのですが、先日残念ながら閉店されたということを知りました。地方には本当に良いお店あり、なんかでもずっとあるもんと約束されたもんでもないんだな。少し寂しかった。この時フェリーから撮ったカモメの写真は、今年クライアントワークにも使わせていただいて、なんか実りの多い訪問だったなあと思います。

8.認定NPO法人ブリッジフォースマイルの広報 Webチームへの参加

これ最近なのですが、カナエールを終えて、運営団体のブリッジフォースマイル、広報 Webチームというのに今少しお世話になっています。ETとして業務委託の仕事も請け負っているのですが、それとは別にボランティアチームに入って、一緒にWeb周りのことを月1で改善していくことに参加させていただいています。ブリッジフォースマイル、NPOとしてのお付き合い、大分長くなったのですが、いわゆる対人支援のボランティアプログラムに参加したことはなく(ようは子どもと直接的に関わるということですね)。今回も対人支援ではないのですが、なんか今までともまた少し違う視野でやっていくのかなあと思います。個人的にはカナエールのプロモーションで蓄積したものを、キックバックというか、還元できるようなこともできたらなあと思っています。

9.NPO法人soarのサポーターになりました

仕事仲間づてでラブコールを2年越しで送っていた(迷惑w)soar、今年めでたくカナエールの現場取材入っていただけまして、とても素晴らしい記事にしていただきました。コンテストの事前と事後、2つの記事を掲載していただいています。

児童養護施設を出る子どもたちの夢と進学を応援しよう!チケット代が”返済無用”の奨学金になるスピーチコンテスト「カナエール」 | soar(ソア)
「やっと見つけた夢を、あきらめたくない」児童養護施設を出る子どもたちが夢を語るコンテスト「カナエール」が広げる可能性 | soar(ソア)

soarって本当に良いメディアだと思っていて、これだけじっくり向き合ってくれるメディアも珍しいだろうと思うし、この領域にこういうメディアがあることは貴重だなあとも。そんな思いもあって、カナエールでやっていた仕事(ブログ書きまくるというw)、プロジェクトが終わっても、こういうメディアになら託せるなという気がして、月額の少額寄附ですがsoarのサポーターになることにしました。イベントも何度か参加させていただいて、サポーターなってみて良かったなと思います。先日、サポーター数、150人を超えたそうで、これからますます楽しみです。イベントレポートはこちら。

デザイン思考とその適用 – 「もう一つの”かぞく”のかたち〜社会的養育や里親について考えよう」に行って来た : kosukekato.com : the idea espresso
関係性のウェルビーイング – 「メディアとテクノロジーは社会の”ウェルビーイング”の向上にどう貢献するか」に行って来た : kosukekato.com : the idea espresso
「かぞく」と「ふつう」 – 「もう一つの”かぞく”のかたち〜子どもたちに多様な大人とのつながりや居場所を生み出すには」に行って来た : kosukekato.com : the idea espresso

10.社会的養護とのこれから

最後に少し出来事ではなくて、僕が抱えているイシュー的な話を。カナエールが終わっても解決するべき問題はまだまだたくさんあるのだろうと思っていて、今もこれからのことを考えるのに時間を割いています。僕はNPOの事務局スタッフにも施設職員にもならないし、社会的養護のことを専従でやることもできないけど(まあ、ETやってるわけで)、このことにはこれからもきちんとコミットしていきたいと思うし、これまで培ってきたものを次に繋げていきたいと思っています。幸いにして、ここのところ良い議論ができていて、少しは明るい未来描けてるかな、そんなこと考えながら頭回しているところです。子どものために何ができるか、僕らができることを増やす作業、なのかなあと。

まとめ

というわけで、大充実の2017年でありました。なんか色々終わったり辞めたりした年でもあって、来年、新しいスタート切るぞ、そのための準備をしている、みたいなのが今なのかなあ、という感じがしますね。総じて良い1年だった。今年も色々な方々にお世話になりました。ありがとうございました。

個人事業、加藤康祐企画設計のWebサイトはこちら

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円