関係性のウェルビーイング – 「メディアとテクノロジーは社会の”ウェルビーイング”の向上にどう貢献するか」に行って来た2017/10/21

月曜日、soarのイベントに行って来ました。soarのイベントに参加するのは2回目、今回もSHIBAURA HOUSEが会場でした(昔のクライアントだったりします)。テーマがメディアとテクノロジーは社会の“ウェルビーイング”の向上にどう貢献するか、とても楽しみな内容でした。結構、広義なテーマ設定だったんじゃないかな、ゲストのラインアップも含めて。

イベントの振り返りは割とTogetterの方でできてるんじゃないかなあと思います。こちらご参照のこと。

#soar_event 「メディアとテクノロジーは社会の”ウェルビーイング”の向上にどう貢献するか〜ドミニク・チェン、鈴木菜央、鈴木悠平、モリジュンヤ」に行って来た感想。

ウェルビーイングと関係性

まずウェルビーイングということについて。個人的に感じたのは、自己実現みたいなことと違って、ウェルビーイングを語る時に大事なのは関係性ではないかと思いました。個に引きこもらないというか。セルフブランディングみたいな言葉はしばしばそうなりがち。状況や状態がヘルシーという。Flourishという言葉がピックアップされていたけど、Relationshipとか、Communityの中で、人がどう在るか、人の可能性がどう発現するか、そういうことのウエイトが高いんじゃないかなあと。メディアやテクノロジーは「繋がりを生むもの」で、あるからこそ、特にウェルビーイングと関係性の議論になっていたのではないかなと思います。

パーマカルチャーと関係性

パーマカルチャー、あんまり詳しくないのですが、あらゆる関係性が資源だということ、色々な人がいることが豊かさ。関係性のギャップに解決するべき問題があり、それが幸せにつながっている、という話は面白かったです。世の中には人的資源のギャップがあり(技術とか、知恵とか、手段とか、物理的なモノとか、お金とか、年齢とか、ジェンダーとか、色々)、そこを埋める(ないしマッチングする)ところに問題の解決や新しい価値の創出の可能性というのがあって、その関係性をデザインしていく視点が大事だなあと。自分の弱さを開示することによって、周囲の強さを引き出す、これはとても面白いと思うのですよね。地域通貨の話も出ていたけど、物々交換にこそ工夫の余地があるという。お金での対価の交換よりも、ある意味、高度なんだということ。Dealをどうデザインするか、ということでもある。

フィルターバブルと関係性

最後にフィルターバブルの話。僕も割と自分に都合の良い世界だけを見てしまう傾向はあるのだけど(テレビ観ないとか)、そうやってより自分の嗜好に寄った世界がまずいのかというと、僕もそうではないと思っていて、メディアやテクノロジーがこの21世紀に可能にしたよりComfortableな世界というのを1人1人がしっかり育てていく、そういう世界観なんじゃないかなあと思いました。分断や遮断はよくないのだけど、緩やかで大らかなオープンマインドを持ちながら、Comfortableということを考えると、決してフィルターバブルも悪玉ではない。Experience Transporters時代に「経験に対する審美眼」という言い方をしていたけれども、何が見えて、何を語り、何を学んで、何を助けるか、というのは「見方」ですよね。それは練度の問題だと思う。多様な価値観を認める、だけだと、はいそれまでよ、で向上はなくて、審美眼をきちんと鍛えていく必要がある。まあ、生きていくことに等しい。

まとめ

僕が00年代、好きだったメディアが2つあって、1つはgreenz.jp、もう1つは彼岸寺だったのだけれど、今、様々なネットメディアが乱立し、色々なテクノロジーがメディアのフィールドで活用されていく中で、最近改めて思うのは「それって、人を動かすに足る?」ってことだと思うんですよね。批判は世に溢れているけど、行動する人は案外少ない。心地良さが、心を動かし、ただそれで終わることなく、人を動かす。メディアから配信される情報はSNS以降、どんどん粒度が細かくなり、頻度が頻繁になって来ているけど、消費しているだけではメディアやテクノロジーの未来というのもない気がしていて。そこにはおそらくある意味での真摯さとか、真面目さ、みたいなものが必要で(ずっとそんなこと言ってると肩凝りますけど)、今回の登壇者の方々からもそういう姿勢を感じました。

個人的にもこの辺まだまだ考えることあるなあという気がします。僕の行動や活動が、果たして関係性のウェルビーイングにきちんと働きかけているのかということも。面白いテーマ、良いイベントでした。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円