2007/6/21

国からのご請求色々

所得税はもう払いましたが、今月、それに基づき、住民税やら国民健康保険やらの請求書が届きました。僕のような低所得者でも結構な額になるのですね。初めて日本国民だったり、神奈川県民だったり、横浜市民だったりすることを実感しております。

今日国民健康保険の請求が親父の名前で届いて戸惑って区役所に電話してみたのですが、国民健康保険というのは基本的に世帯主を宛先に請求書が届けられるものなんだそうです。つまり住民票ベースで管理しているのです。ですから、国民健康保険の請求書を僕宛にもらうためには、区役所で住民票を僕が世帯主として書き換えてもらわなければいけないんだそうです。いやはや、勉強になりました。

まあ一応は経済的に独立しているので、世帯主として申請してもいいのだけど、親と同居していて僕も世帯主と言い張るのは何だか違う気もしていたりします。そもそも「世帯主」って概念がとてもわかりにくいですよ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram