2017/7/30

『EYESCREAM+ 石川直樹 — この星の越境者 —:2017年01月号』

石川直樹さん。今年の2月に水戸に伺ったのですが、当時、水戸芸術館現代美術ギャラリーで「この星の光の地図を写す」という展示をやっていて観ることができ、この時、石川直樹さんの展示初体験だったのですが、すごい良くて、雑誌取り寄せてみました。これ多分、僕が行った展示に合わせて出たムックなのではないかなあと思います。

石川直樹さん、冒険家でもあり、民俗学的で、宮本常一さん的で、なんかとても好きです。撮る写真は美麗。知り合いだと、物語を届けるしごとの坂口祐君とかに近いイメージ。図版たくさんで、先日、ライブ行って来た水曜日のカンパネラのコムアイとの対談とかもあって、なかなか楽しい特集でした。

ああいう世界も観てみたいと思うが。

展示また行けると良いなと思います。

大地という名の食卓 (CHART BOOKS SPECIAL ISSUE)
石川 直樹
数研出版
売り上げランキング: 111,769
全ての装備を知恵に置き換えること (集英社文庫)
石川 直樹
集英社
売り上げランキング: 66,781
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram