2017/6/3

仕事で履けるスニーカー – New Balanceからミズノまで

仕事でも革靴よりスニーカー履く頻度が圧倒的に高くて、動き回るし、やっぱり歩きやすいのは良いよなと思うのですが、特に最近のローテーションからご紹介(スニーカー結構たくさん持ってる)。

New Balance 998

38585312_Unknown

38585328_Unknown

20代の頃、背伸びしてNew Balance履いてて、しばらく封印してたのですが、久し振りに。998。僕、New Balanceの靴を選ぶ時に、ベロのところがレザーになってるやつの方が好きで、1400とかよりこっちの方が好み。履き心地はまあ控えめに行っても最高ですよね。ロールスロイス。

Reebok Classic Leather

38585344_Unknown

続いて白い靴ですが。Reebok、30代になってから好きになって、これはずんぐりむっくりしてて良いです。値ごろ感もあるし。なんかやっぱりロングセラーのデザインというのは良いですね、こなれている。

Mizuno 1906

38585376_Unknown

僕は中学バスケ、高校大学ラグビーだったので、Mizunoというのは現場で割と思い入れのあるブランド。Mizuno 1906というのはMizunoが昨年創業110周年を記念してリリースしたラインだそうです。野球のグローブと同じ革を使って作ってるそうで、革がしっとり上質な感じがして良いです。良い値段するのだがZozotownで半額で買えた。同じモデルはもう見つからなかったのですが。

Reebok FURYLITE

38585360_Unknown

実はこの1年ほど、仕事行くのに一番履いてるの、この靴です。なんせ楽。靴紐がゴムになってて、結ばなくて良いのでスポット履けて、通気性も良いので、蒸れません。営業にも、オフィスワークにも、あと撮影にも都合が良いです。これ本当に良いものだと思う。

まとめ

履いてて楽で、ともすれば爆走できるような靴、やっぱり仕事にも良いのだよなあと思います(勿論、プライベートでも履くけど)。ご参考になれば幸い。

おまけ

爆走できると言えば、このサンダル爆走できます。

お薦め。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram