2007/6/14

Es ist gut!

Immanuel Kantが死の間際に発した言葉だそうです。「Es ist gut!(これで良い)」ということだそうです。日本には大往生って言葉がありますけど、それに近しい潔い去り際の言葉ですね。

死は受け入れるものだとよく言いますが、死に際にKantは「死」ではなくそれまでの「生」に想いを馳せていたのではないかと思います。自分の命に自分で終止符を打つ(精神的に)ことができる人だったから「Es is gut!」なんて言葉が言えたんでしょうね。

こういう心持で死に目を迎えるには、この世の理を全て解き明かしでもしないと、僕にはできなそうな気がします。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円