2017/4/12

「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の顔」に行って来た

先週末、世田谷美術館に「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の顔」という展示を観に行ってきました。公共交通機関を駆使して出かけたけど、なかなか遠かった。。。暮らしの手帖の初代編集長として知られる花森さん。作ることの楽しさに溢れた展示でした。そして、良い眼。人が独りとして仕事していく上での、ある意味でのロールモデルというか、一つの理想というか。

ここにこうある。

ぼくはペンの力で、「あたりまえの暮らし」を守る

「あたりまえの暮らし」って守らなきゃいけないんだなと。なるほどなと。

展示を見終わって、雨上がりの砧公園は花見客で賑わい、僕も群衆を遠目に少し散策。

IMG_6963

IMG_6964

IMG_6965

IMG_6970

良い訪問でした。

花森安治のデザイン
花森安治のデザイン

posted with amazlet at 17.04.12
暮しの手帖社
売り上げランキング: 16,870
美しいものを (花森安治のちいさな絵と言葉集)
暮しの手帖社
売り上げランキング: 86,967
花森安治伝―日本の暮しをかえた男―(新潮文庫)
新潮社 (2016-05-06)
売り上げランキング: 81,721
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram