2016/9/2

持ち歩ける本棚 – Kindle FireとPerfect Viewer

蔵書のデジタル化の話 – BookscanとDropboxとKindle」の話の続き。もう少し何とかならないだろうかと思いまして。

揃えたもの

Amazonで4,000円OFFだった、Kindle Fireを導入することに。ディスク容量は8GBなのですが、SDカード増設できると知りまして、そこにPDF突っ込んで参照できればいいよねと。純正のカバーをかけて、64GBのMicro SDを用意。iPadあるんですが、買う時にケチって電子書籍入れる容量全然ないんですよね。。。

Amazon Fire 用カバー グリーン
Amazon (2015-09-30)
売り上げランキング: 7,068

カバーはあんまり見かけない色の緑にしました。

すべての写真-776

さて、ここから少し厄介だったのですが、Bookscanからチューニング済みのファイルをダウンロードして、MacとFireを接続。Android File Transferというアプリで、MacからFireのSDカードにPDFファイルを転送します。

Fireではいくつか見てみたのですが、Perfect ViewerというAndroidアプリを利用。このアプリだと、SDカード内のファイルも本棚として登録することができました(これがなかなかできないアプリが多い)。描画も綺麗。設定項目多いですが、これから色々試して覚えていきたいと思います。

すべての写真-778

こうなると、あ、本棚って感じしますよね。

すべての写真-777

スキャンした文書の表示でこれなら及第点では。

すべての写真-779

雑誌も綺麗。

すべての写真-780

勿論、記事も。

まとめ

結構、どういう風に環境作るかも含め、試行錯誤の手間がありましたが、ネットに繋がなくても、常に自分の蔵書をタブレットに突っ込んで持ち歩ける、っていうのはやっぱりすごいことのような気がしました。もう少しAmazonがKindleと自分の蔵書とシームレスに扱えるような環境用意してくれると良いのだろうと思うけど、まあスキャンした蔵書管理なんてのはAmazonのビジネスにならないわけで、まあ良かったねと。旅出る時とかは必ず持って行こうと思います。Kindleで買った電子書籍と合わせて、暇潰しにはこれあれば事欠かなそう。

今、150冊ほどスキャン終わって、とは言えまだ大分あるのですが、トライしてみて良かった。良い時代になったなあという。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram