2016/5/28

4K ディスプレイを体感して思うこと – Dell ディスプレイ モニター P2715Q

僕、実はRetina環境って揃えてなくて、そういう意味じゃ割とオールドタイプの環境で仕事してたのですが、一般の人にそういう環境がどれくらい浸透しているのかちょっと見えないものの、そろそろ導入してみるかあと考えてた矢先、家のモニタが(めでたく)壊れまして、モニタを刷新することにしました。多分、7〜8年使ってた気がするから、さすがに寿命かなあと。

Dellの27インチの4KディスプレイをAmazonで注文。Amazonの注文だと注文したその日の晩でPrimeで届いたので助かった。

美しさ

1920 * 1080の表示にすると4Kでの扱いになるようなのですが、まず、フォントとか綺麗ですよね。それから高解像度の写真。動画はまだゆっくり観れてないけど、おそらく綺麗なのであろう。これに慣れちゃうと戻れない、って言う意味もわかる気がする。後で、Vimeoで旅の動画でも探して見てよう。

バラつき

例えばPhotoshopでさくっと古いファイル開くと解像度が違うのでやたら小さく表示されたりしますよね。あと、逆にWebのRetina対応してない画像がやたら荒く見えたりとか。そういう不便さはやっぱりあるなあという気がしました。こういうのって、地デジくらいの大きな規格の切り替えだと思うのだけど、割とゆるゆる切り替わっている気がして、なんか勿体ないっちゃ勿体ないことなのかなとも思いました。ちょっとまだ使って1週間で、このバラつきの対応をどういう風にするか環境の整理ができてないのだけど、おいおいやらんとという感じではある。

まとめ

僕にとっては大事な商売道具だけど、一般の生活で使うモニタとしては65,000円というのはまだまだ高いのかも知れません。まあただ、Appleのディスプレイよりは安いし、土台の質感とかもMac Miniとマッチしてて、ベゼルは黒で良いと思うし、総じて良い買い物だったという気がしています。

そうそう、そう言えば、昨晩、たまたまカナエールのスピーチコンテストの今年の紹介動画っぽいものを誰に頼まれるでもなく作っていまして(動画編集ソフトじゃなくてKeynoteで作りました)。やっぱり綺麗に見れますねえ。4Kってこういうことだったのか、ってなんかやっとわかって来た。あ、相変わらず我が家にテレビはありません。これで良いなー、という感じ。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円