2016/4/29

土鍋の話

そう言えば、ちょっと前に土鍋を新調しまして。新調というか、2合ギリギリ炊ける土鍋で米炊いてると、吹きこぼれも結構あるし、来客時とかは炊飯器頼みになってしまうので、色々不便あるなあとずっと思ってまして。途中からココットで炊いてたのだけど、今度、ココットで料理できなくなっちゃうんですよね、大概、米は炊くので。というわけで炊飯用の土鍋を物色。これにした。

日々の暮らし : やまほん陶房 : 鉄釉手引炊飯土鍋七寸

5合まで炊けるということで十分条件は当然満たしており。形も色も良いし、取り回しも縦長なので割と楽。最近はこれで2合ご飯炊いて1日かけて食べてます。

すべての写真-2303

中火で8分くらいで沸騰するので、そこから弱火で15分。うちキッチンタイマー2つあるので、最近は上の段8分になってて、下の段15分にセットしてあるのが定位置になりました。

すべての写真-2304

ふつふつしているところ。

すべての写真-2305

土鍋で炊いたご飯はやはり美味しいと思います。お焦げも作れますし。おひつ移しても良いし、このまま置いておいても良いし。

まとめ

炊飯用ですが、当然、煮物とかスープにも行けて、これなら参鶏湯とか作れるんじゃないかな、とかちょっと思ったりもしているんですけど。なかなかのサイズ感ありますが、繰り返しだけど、取り回しは楽だなって思います。

慣れると土鍋、ホント楽。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まゆみ窯 真弓亮司 黄釉洋土鍋
価格:18480円(税込、送料別) (2020/1/5時点)

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram