2016/4/3

『アド・アストラ ―スキピオとハンニバル― 』 カガノミハチ

大体、パソコンとの付き合いが長い人は、マシンとかネットワークの命名になんかこだわりあったりするもので、うちの場合はマシンは歴史上の人物の名前が、ネットワークには神話の世界の言葉を今つけています。いつも出先で使ってるMacbook AirにはHannibalって名前がついてる。なんでこんな話始めたかというと、たまたま読んだマンガがポエニ戦役を舞台にしたものだったから。奇遇だなと。

タイトルのアド・アストラというのはラテン語で「per aspera ad astra」困難を克服して栄光を獲得する、という意味だそうです。ちょうど僕が中学生の頃に塩野七生さんの『ローマ人の物語』が出始めた頃で、僕、当時、歴史モノ好きで、ただ、ローマの絶対王政で止まっちゃってるんだけど(中学三年の夏休みの課題をこれの研究にした、昔話)、ローマ人の物語で言うところの第二巻、「ハンニバル戦記」にあたるところかなあと思います。

例えば歴史モノだと僕は『蒼天航路』とか大好きだったのですが、あれほどファンタジー色は強くなく、大河ドラマ的なテーマだけど、基本的にはローマ対カルタゴ、スキピオ対ハンニバル、というような構造で話が進むので、読みやすいのかなあと思いました。どっちが主人公でも良い話だなあというか。

ハンニバル贔屓ですけども。

ハンニバル戦記──ローマ人の物語[電子版]II
新潮社 (2014-05-09)
売り上げランキング: 1,714
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram