2016/2/22

iPadやKindleと堕落するための椅子 – ADIRONDACK キャンパーズチェア

最近、iPadやKindleで読書をしたり、Webを見たり、という時間が前よりも増えたのですが、ベッドに横になりながらとか、うちの硬めのソファでとかだと、ちょっと無理あるなと思って、リラックスできる椅子を探していました。色々見てみて、リクライニングできるものとか、ハンモックっぽいものとか、検討したのですが、最終的にADIRONDACKのキャンパーズチェアという、アウトドアチェアにすることにしました。

以下、いくつかポイントを。

キャンバス素材

こういうのナイロンかキャンバスか、アウトドア用じゃなければPVCレザーとかもあると思うのですが、部屋使いにはキャンバスが良いなと思います。色も落ち着いている。

畳める

畳めます。結構、シュッとワンアクションで細くなる。うちそんな広くないので、使わない時に畳んで部屋の端に置いておけるというのは良いです。

座りが深い

これかなり座りが深くて傾斜があるので、かなりリラックスした感じで座れます。全然、そのまま寝てしまえそう。

価格

例えばうちのベランダにも置いてあるColemanのアウトドアチェアとかと比べると値段は高いですが、用途が違うし、同じタイプの小川キャンパルやSnow Peakのものと比べると幾分安いです。家具として売ってるものでも、これくらいの値段はすると思うので、総じて良い価格帯ではないかと思いました。

デザイン

デザイン良いと思いました。メタルの感じも曲線綺麗だし。

まとめ

これで例えばiPadと昨日紹介したAnkerのポケット Bluetooth スピーカー持つと大分快適そうです。うちはオフィスチェアとダイニングチェアとソファがあるけど、どれも今回ほどのリラックス感はないので、のんびりしたい時にはこれが一番良さそう。

これに1日30分でも1時間でも座る時間作れると良いなと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram