2016/2/3

「できるかも」の仕組み化の話 – 一人称と二人称と三人称の「できるかも」

専門性、という言葉は、しばしば、属人性、という言葉との葛藤を孕むものでして、同じ専門性を持つ同じ人、をアサインし続けないと、本来的に専門性の担保ってできないわけですよね。それ世の中のエコシステムとしては結構破綻していると思えるわけだけど。持続可能性の問題として。

そういう意味では仕組み化、というのがあって、それは例えばマニュアル化だったり、システム化だったり、ルール化だったりすると思うのだけど、その辺り、総じて楽しくなさそうじゃないですか。でまあ、楽しいかどうかって、実は持続可能性の問題としてすごい大事なわけで。モチベーション・エンジンになるから。楽しさをどこに求めるかという話ではあるのだけど、気心の知れた人たちと辛い仕事に取り組むってのもあるけれど、気心の知れた人たちと楽しい仕事に取り組むってのもあるわけですよね。まあ理想論だが。

という時に何を考えないといけないのか、ということなのだけど「できるかも」の仕組み化、ということではないかなあと思ったんですよね。

こういう仕組みというのは結構普通にあって、例えば、クックパッドってのは「できるかも」の仕組みと言えそう。レシピが並んでいて、それができそうと思えて、できるための方法論もあって、できたましたって体験談もあるわけですよね。レシピってようはDIYのためのツールというかリファレンスなので、料理を続けるという仕事のための(家事)「できるかも」の仕組み化と言えそうです。これは結構わかりやすい例と言えそうな気がする。

僕の仕事ではどうかというと、WebサイトにWordPressのようなCMS入れましょうってのは突き詰めると、そういうことですよね。クライアントが自身でWebサイトを更新できるようにするという。これただ、システムだけでは実は足りなくて、例えば何を更新するのかとか、何を発信していかなければいけないかとか、どうブラッシュアップしていかないといけないかとか、その上で何を目指すのか、みたいなことがシステムとセットになってなきゃいけない。戦略と戦術と兵站とあった時に、システムって兵站に近いと思うんです。本来的にはその上に、戦略と戦術が搭載されていないといけない。

そう言えば、昨年、リニューアルをお手伝いさせていただいたカナエールのWebサイトでは、こんなことを2年前に必要要件として書いていました。

  1. 可能なかぎり簡単に更新でき、更新作業を想定してシステムが構築されていること
  2. コンテンツが更新頻度に応じてそれぞれ最適な形でテンプレート化されていること
  3. 新規コンテンツの追加が容易で、かつそこに過剰なコストがかからないこと、そのためのシステムの柔軟性が確保されていること
  4. カナエールにふさわしい統一されたデザインとメッセージング
  5. 事務局、及び、実行委員による更新体制と、ソーシャル、PRなどとの適切な連携

まあ指針なんで、当たり前のことしか書いてないんだけど、これとか割とどうやって「できるかも」を作るかって話ですよね。Webサイトって結局ツールだから、そこに戦略と戦術が乗って、目的に向かって走らなければ機能しないのは先に書いたとおりだけど。

話戻すと面白いと思うのは、マニュアル化とか、システム化とか、ルール化とかってのを、「できるかも」の仕組み化って言い換えると大分違う感じがしました。

「できるかも」にも一人称のできるかもと、二人称のできるかもと、三人称のできるかも、というのがあるんだなというのが昨日仲間と話していて気付いたことなのですけど、

  1. 一人称のできるかも→自分ができるかどうか
  2. 二人称のできるかも→それを誰かができるかどうか
  3. 三人称のできるかも→それを見てた人ができるかもと思えるかどうか

みたいなことなのかなと。つまり一人称のできるかもは結構なブラックボックスなのだけど、それが誰かに渡る過程でオープンソースっぽくならざるを得なくて、そうやってソースが開示されて他の人が自由に活用し始めると、それを外から見てる人もそういうことできるかもと思えて、裾野が広がっていくというような。

去年のカナエールが終わった時に、レポートまとめた締めくくり、僕こういうこと書いてたんですよね。

誰でもできる仕組みではなく、誰でも参照できる方法論が重要
それをアップデートしていく

当時、あれどういうことですか?って仲間に聞かれて、書いた本人もどういうことだかうまく説明できてなかったのだがw、最近、なんだかそういうことの手応えを感じています。ああこういうことだったのか的な。

なんか、そういう風に、できるかも、ということを捉えれば良いな、という感じがした。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram