2016/1/4

初詣 2016

実は初詣って何かのついでではない限り、行く習慣が社会人になってからあまりなくて、例えば近場だと鎌倉とか、端的に言うと新年早々、人混みに行くのはちょっとなって感じだったんですけど、この3年くらいは必ず初詣を1日にするようになりました。理由は家から近いから。

境木地蔵尊、という名の通り、お地蔵さんがおられるのだけれど、箱根駅伝でも有名な権太坂、その旧東海道の頂上にあり(箱根駅伝で走っている国道一号線からは逸れる)、武蔵国と相模国の国境にあたります。

伝承によれば、鎌倉の由比ガ浜に漂着した地蔵菩薩像を漁師が浜に祀ったところ大雨で流出してしまい、数年後腰越に流れ着いた。夢で地蔵から「江戸の方へ行きたい、途中で止まってしまったらそこに放置して構わない。」と告げられた漁師は、像を牛車に乗せて運んだが、当地で車が動かなくなってしまいそこに放置した。漁師から地蔵像を託された村民は、「どんな粗末なものでも構わないからお堂をつくってくれ、そうすればこの村を賑やかにしよう」と夢告により地蔵堂を作り安置したところ、地蔵への参拝客が集まり、有名なぼた餅屋ができるなどで村が繁盛したという。

こういう歴史的背景もありつつ、開発が進む中、周辺は少し緑も残されているのと、境木商店街があったりして、すごくローカルなストーリーだけど、きちんと背景が残されているのは良いことだと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

関連する記事