2015/10/30

はたらく、をひらく – Open、Develop、Coach

そう言えば、オンデザインさんに『建築を、ひらく』という本があります。

建築を、ひらく
建築を、ひらく

posted with amazlet at 15.10.29
オンデザイン
学芸出版社
売り上げランキング: 312,569

商売柄なのかどうかわからないのだけれど、割と働くことを酒の肴に友人と飲むことは多くて、身の回りにもフリーランスもいれば、会社員もいるし、経営者もいれば、僧侶もいるし、ジャーナリストもいれば、アーティストもいる、で割と働くことの話をしている。

例えば『Work Shift』みたいな本が話題になったりして、新しい価値観で働き方を考えることはこの数年で増えてますよね。僕なんかずっとフリーランスなので、こういう話題のすごい側にいるけど。

最近でも何か働くことの話って難しくなり過ぎだなあ、という気がしています。

そういう時に「はたらく、をひらく」とはどういうことになるのかなあと。

一つは開くだ。もう一つは拓くでしょうね。啓くというのもあるかも知れない。この3つかなあ。Open、Develop、Coach(お気付きの通り意訳しています)みたいな。

結構、職業観って組織の中での閉鎖的なものになりがちなものでもあって、これをまず開く。
その上で働くことを自分の働き方としてきちんと拓く。
その先に自分の働くを伝えるパートがある。これ啓く。

昨日も友人に酒飲みながら10回くらい「覚悟」って言ってたのですが(ひどい酔っぱらいだ)、「ああなりたい、こうなりたい」というのは結局のところ覚悟の問題であることが多い。

上辺だけのキャリアデザインって言わばいかにキャリアを減衰させないかという話に陥りがちで、キャリアって言葉は僕かなり厄介なものだと思うのだけど(なんかマジックワード感ありません?)、働くことの思考、から「キャリア」って資産を外して考えると、大分すっきりします。純粋に働くことを考えられるから。

それもキャリアデザインの一部だろうって話もあるのですが、そうなのですが、キャリアデザインで自分の仕事が決まるのか、自分の仕事を決めてキャリアがついてくるのか、という、鶏と卵の話を持ち出すと、まあ後者の方が好きですよね(好みの問題)。だから覚悟。

まあただ過去のキャリアとか未来のキャリアとか考える前に、今現在ときちんと向き合うには他動詞的なことではなく自分に主体をきちんと持って来ることが良いと思うし、外因的なエクスキューズを排除できるし、仕事の純度ときちんと向き合えるし、その上で、時間軸を踏まえたデザインがあっても良いのかな、とかそんな感じがしますね。

開く、拓く、啓く、未来の働き方、それくらいシンプルに考えてると良い気がする。

建築を、ひらく
建築を、ひらく

posted with amazlet at 15.10.29
オンデザイン
学芸出版社
売り上げランキング: 312,569

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円