2015/8/30

アイコンフォントとWordPressのリッチな管理画面

僕あんまりアイコンフォントって馴染みがなかったんですけど、最近便利なものなのだなあと思ったので、ちょっとご紹介。アイコンフォントってようはアイコンをウェブフォントとして扱えるよ、ということだと思うのですが、WordPressのテーマにはこれをうまく活用しているものがあります。

Enfoldはアイコンフォントを利用したモジュールがいくつかあって、例えばETのサイトは最初の画像みたいな感じで使っています。

スクリーンショット 2015-08-30 20.32.44

これを管理画面側ではこんな感じで対応しています。この一覧にあるフォントってテーマにインポートできるようになってるんですね。

スクリーンショット 2015-08-30 20.36.58

Fontello – icon fonts generator

このサイトに有る既存のアイコンだけじゃなく、自分の作ったアイコンのSVGデータアップロードすると、パッケージ化して、ダウンロードできるようになってるんですね。それでWordPressの管理画面に取り込んでパレットのように使えると。

これ運用を考えると結構便利で、予め必要なものを用意しておけば、運用側でコーディングせずに管理画面から、好きな場所に好きなモジュールで好きな色で追加できたりするんですよね。運用随分楽になると思う。

よくプロトタイピングとかする時にiconmonstrとかも使うんだけど、とても便利です。ハングアウトで画面共有しながら、クライアントと調整作業したりしている時に、ここにアイコン入れたいですね、という時に、その場でデザイン始めたら時間無尽蔵にかかって埒が明かないじゃないですか。

この辺も「フリー素材」から随分話は進んだよなと思います。この辺り、よくできてるなー、と最近思ったポイントでもありました。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円