2015/8/12

Danit Pelegさんの3Dプリントによるファッションショー

Facebookを眺めておりましたら、3Dプリントで出力されたドレスでのファッションショーが流れて来て、ああなんかこれはかっこいいものだなあと思って、少しWebサイトなどを見てみました。

Danit Peleg | Fashion + 3D Printing

3Dプリントとファッションの話題自体は結構あるようで、今年のCESの取材記事とかも眺めていたのだけど、なんかやっぱりこれモノだけ見ちゃうと、そんな惹かれるものじゃない感じもしますね。

Danit Pelegさんはイスラエルの人のようで、テルアビブのMakersコミュニティに世話になった、とか書いてあって、ああちゃんとこういうのがMakersムーブメントのアウトプットとして世に出てくるんだなあと。あと余談ですが、Press Kitのところに、プレス用の写真Dropboxで置いてあって(メンテナンスしやすいってことですよね)、アニメGIF、2分のPV、ランウェイの映像、Facebook用ビデオ、ハッシュタグ、Instagram、Facebookページと並んでいて、昨今はこういうの用意しとくんだなあ、とあまりこういうページ見ないので学びがありました。ファッション業界じゃなくてもこういうのやっても良いよなあ。Facebookページ眺めていたら話題になっていったこの短い期間での系譜とかちょっと見れて面白かったです。

3Dプリントが、どの程度、商業的な意味でファッション業界に浸透するものかはわからないし、学生さんが没頭する題材としてその後に役立つのかもまだ未知数とか思いつつも、今年の紅白に1人くらい3Dプリントのドレス着て出てくる人もいておかしくないかもなあ、などと考えていました。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram