2015/6/19

Google フォトに未来を感じたので、Bulkr使ってFlickrから引っ越した – ユーザが体験できる機械学習の恩恵

長年、ブログの画像サーバとして使っていることもあり、Flickrを愛用していたのですが、日本語のサポートのイマイチな感じ(iOSアプリとか日本でアップデートされない)とか、少し不満があるところに、この間、GoogleがGoogle フォトを発表したことを思い出し、昨晩思い立って、Flickrからの移行を開始しました。

上の基調講演の2:45:00辺りから、機械学習と、それにGoogle フォトが使われてる辺りの話があります。これ見て、導入を決めた。

さて問題は以降の手順ですが、最終的にBulkrという有料アプリでFlickrからOriginal Sizeの画像を落とすことにしました。4,000円くらいのAirアプリ。他のやり方も試したのですが(無料・有料合わせて)これだけうまくいった。

Bulkr: Backup, download flickr photos, videos, sets & more

で、Google フォトの常駐アプリがあるので、これをインストール。

アプリのダウンロード : Google フォト

更に、iPhoneで写真を撮ると自動的にGoogle フォトに突っ込んでくれるアプリもあるので、これも入れました。

Google フォト

外付けHDDにBulkrにFlickrからダウンロードされた写真を保存するように設定して、Google フォトの常駐アプリにそのフォルダを監視させれば、後は放置で良いです。実はまだ終わってなくて、Flickrに20,000件以上写真あるので、数日かかる見込み。

ただ、途中まで突っ込んだだけでも相当面白く。

スクリーンショット 2015-06-19 11.11.05

これは「黄色」の検索結果。

スクリーンショット 2015-06-19 11.12.32

これは「靴」の検索結果。

スクリーンショット 2015-06-19 11.11.25

これは「食品」の検索結果。

スクリーンショット 2015-06-19 11.16.55

これは「コーヒー」の検索結果。

スクリーンショット 2015-06-19 12.09.09

これは「日没」の検索結果。

多分、ファイル名になっている言葉なども合わせて検索していると思うのですが、まま外れ値あるものの、キーワード入力してこういうの出てきちゃうのすごいですよねえ。最近、話題になっていた「機械学習」というやつの面白さが、ようやくサービスのユーザの立場で理解できて来て、世の中すごいことになっていくなあ、という感じがしています。Pinterestについてはこの間書いた。

関連表示の奥行き – Pinterestに見る機械学習によるレコメンデーションエンジンについて : kosukekato.com : the idea espresso

後は、このブログで画像として使うのに、まだ僕はFlickrを使いそうなので、ローカルの画像の書き出し場所を決めておいて、そこをGoogle フォトとFlickrの常駐アプリに監視させて、画像がそこに保存されたらそれぞれへ自動アップロードみたいなフローで運用してみようかなあと思っています。

あんまりGoogle フォトの個別機能の紹介とかしませんでしたが、触るとお楽しみポイント色々ありますよ。

個人事業、加藤康祐企画設計のWebサイトはこちら

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円