2005/4/6

本屋考

本屋は不親切だと思います。特に僕の生活圏の本屋は。毎日のように行くのですけれどもね、本屋。あれだけの商品数を揃えるのに、本屋の店員と来たらレジ打ちに必死。古い本は装丁汚くなっちゃってても平気で棚に慄然としている。アメリカの本屋はソファくらい置いてあったよ。

その点、ネットはスゴイ。ネットというかAmazon。関連した本を抽出してくれるし、カスタマー・レビューも読める。チェーン店の本屋でも、安っぽい手書きのPOPが申し訳程度に飾ってあるだけでしょ。ダヴィンチ買えよ!ということ?いや、むしろフリー・ペーパーくらい作ってよ。手にとって読める、という点、これはクリティカルなところかも知れないけど、客が手にとる前にできるサービスってもっとあるだろと思うわけですよ。

世界中でも日本人の本に対する情熱はトップだと思うのですけど、日本の本屋が世界のサービスをリードしている感はないよね。しかも、本屋の店員が、本屋に来る客より知識を持っていると思えない。の割に手放しで売ってる感がある。

なんか変な業界だなあ、とAmazonで買い物してて思ったしだいです。ちなみに今日買った本は『デザインのデザイン』と『デザインの生態学―新しいデザインの教科書』。そのうちレビュー書きます。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

関連する記事