2015/4/12

新UIのGoogleタグマネージャーで外部リンクのクリックをトラックする

Google Analytics、今更、僕がああだこうだ言うわけでもなく便利でして、ほぼ全ての仕事でGoogle Analytics使っているのですが、まあだからカナエールのWebなんですが、チケット販売、Peatixで行ってるんですよね。で、基本的にはAnalyticsはサイト内のアクセスを見ます。ただ、購入導線にトラフィックどれくらい流れてるか、きちんとトラックしたいわけじゃないですか。というわけで、Googleタグマネージャーを使ったので覚書。

Google タグマネージャ公式サイト

ちょうど最近、新UIになったようで、改めて覚えるのにちょうど良いタイミングだったようでした。せっかくなので新UIでやりました(新しもの好き)。結構、わかんなくて困ったのですが。

今回やりたかったのは外部の2つのURLへのリンクがサイト内にたくさん配置されていて、どのページでどこへのリンクがクリックされたか、というのをトラックしたかったわけです。タグマネージャー大きく「タグ」と「トリガー」と「変数」というのがあって、うち「変数」は用意されてるもの使えばそれで済むので、今回は「タグ」と「トリガー」をカスタマイズします。

トリガー

トリガーの方が下にあるのですが、発動条件になるので、先にトリガーの設定した方がわかりやすいです。

●イベントを選択
 クリック

●トリガーを設定
 トリガーのタイプ → リンククリック

●有効化のタイミング
 Page URL 正規表現に一致 .*

●配信するタイミング
 Click URL 含む hogehoge

ここ実は一番何をどう設定して良いのかよくわかんなくて、フォーラムを参照して解決できました。

タグマネージャーでの外部リンク計測について

ようは全てのページでこのURLがクリックされた時、みたいな設定をしたかっただけなのですが、有効化のタイミングと配信するタイミングという言葉のマジックで、なかなか理解できなくて、フォーラム見て、ああそういうことかと。わかるとすごいシンプルですよね。

タグ

で、次にタグ。前述のトリガーをきっかけに何トラックするの?ということですね。設定だいたいこんな感じ。

●プロダクトを選択
 Google Analytics

●タグの種類を選択
 ユニバーサルアナリティクス

●タグを設定
 トラッキングID → Google AnalyticsのトラッキングIDを入れる
 トラッキングタイプ → イベント
 カテゴリ → リンククリックとしました
 アクション → 変数からPage URLを選びます、これでどのページでクリックされたかわかる
 ラベル → 変数からClick URLを選びます、これでクリックされたURLがわかる

これらをやって、サイトにタグマネージャー用のコード入れて、プレビューすると動作確認できます。その後、公開すると、Analyticsのイベントのところで外部の該当リンクをクリックしたのがページごとに確認できました。便利。

今回はこれをタグとトリガーの組み合わせ、2セット作りました(もしかしたら原始的なやり方なのかもだが)。

まとめ

これ、実はネットで調べると、結構古いやり方が大量に出て来て、右往左往することもありこの記事書いてたのですが、古いやり方っていうのは旧UIってことですね。今回、最初は不慣れでほんとわけわかんなかったのですが、落ち着いて全体俯瞰して考えると、非常にシンプルに考えて使える便利な仕組みだなと思いました。なんかおそらくこれ一番初歩的な使い方で、色々な組み合わせがありそうで、なんか面白い使い方とか色々あるんだろうなあと思いました。一回わかると結構直感的に触れるという印象。

分析って大事っちゃ大事だけど、四六時中分析するようなことはまずなくて、むしろきちんとセットアップして最小限で済ませたいので、こういうスマートな形で拡張できるのは本当に便利だなあと。良い勉強になった。

数字を200%使いこなす Webアクセス解析&レポート作成術 Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)+SNSアクセス解析ツール対応
小松夕祐(株式会社メンバーズ) 白井貴典(株式会社メンバーズ) 中野 学(株式会社メンバーズ) 小野寺 翼(株式会社メンバーズ) 卜部琢士(株式会社メンバーズ)
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 23,998
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram