2007/3/25

Shutdown Day Workshop Tokyoに参加して来ました

TAROSITE.NET

ひょんなことからお誘いを受けて、Shutdown Dayにちなんだワークショップに参加して来ました。依存とまでは行かなくとも、我々はパソコンにあまりに多くの表現を委任し委譲していて、しかしパソコンと切り離されることで、元々持っていたであろうヴィヴィッドな感覚を思い起こすことができ、意味のある機会になりました(ワークショップの模様は録音していたので、PodCastで聴けるようになるかもです)。

パソコンは「処理」をする道具なわけですが、しばしば「目的」が「処理」になってしまって、クリエイティビティを限定していることもあるのかもなあと思いました。「処理」自体が楽しくなるということも良いことですが、しかしやっぱりリアルな接点への展開という意味では、処理は処理であって目的が可能な限り果たされなければいけない。

きっと主催者が骨子とPodCastをアップしてくれると祈りつつ(他力本願)、それをレジュメに僕がShutdown Dayを通じて感じ考えたことを近いうちにまとめられればなと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram