2015/2/23

それはコスト?投資? – 必要経費について考える

長いことフリーランスやってると当たり前になり過ぎることなんですけど、自分の仕事道具は自分で用立てなきゃいけないですよね。紙と鉛筆に始まって、パソコンやら、カメラやら、色々ある。通信機器は勿論だし、Webサービスの利用なんかもそう。なかなか僕の仕事はDIYで埋められないものでありまして、こないだA3のプリンタ買ったのですが(10年フリーランスをやって遂に手に入れた、まあ、置く場所ないよなって理由の方がでかかった気がするけど)、我が家に来たこいつを眺めながら、ふとこれコストかなあ、投資かなあと考えていました。

Canon キヤノン インクジェットプリンタ PIXUS iX6830
キヤノン (2014-02-13)
売り上げランキング: 1,072

ご存知の通り経費というのはざっくり言うと節税になるわけですが、まあ言っても節税だから何買っても良いのかというと、自分のお金が消えるわけですし、そんなにすごい税金を払っているわけでもないわけで、その辺はなんというか、うまいことやる人もいるだろうけど、基本的にはトレードオフだよなあとも思います。

その上で、例えばA3のプリンタ買うのとか、A3の書類作りたかったからなわけだけど、A3の書類作りたい仕事が手元に出て来て、まあだから、そのプロジェクトに対する投資と考えることができるのではないかなあと思います。で、その上で先々自分が活用するイメージまでできていたら、自分の仕事に対する投資、という風に言えるのかなあと。

本とかもそうですよね。先々の自分に役に立つイメージができて、これは購入動機が必ずしもプロジェクトに依らない。こういうクライアントと付き合いができたから、こういうプロジェクトに参加することになったから、というのも勿論あるけれど、自分の頭を遊ばせたり、泳がせておくための、やっぱり投資だろうなあと思います。

じゃあ毎月請求書入れる封筒はどうか。請求が出るわけだからかかった分、回収できるのは明白なわけですが、これコストですよね。使いきりなので。だから、すごい封筒とか必要ない、と思う。

あとDropboxとかEvernoteみたいなのはどうかって考えると、ああいうのは投資ですよね。それが作業の効率や、仕事の質を担保するものだから、これは投資だと思って有料にする。実際、それで仕事も能率的になったり、スピード感が出たりする。で、それを当たり前に感じるようになった時に、そのうちコストとして処理するようになるものなのかなと思います。

旅費交通費。うちはおそらくこれの割合高くて、たまに、それ行かなくてもいいやつですよね、とも言われるのですが、そんなこともあるようなないような感じですよね。ただ、すごく投資だと思っていて、「移動」は色々な価値を生むと思ってます。基本、家にいたい人ですが、動くのはとても大事だと思ってます。投資の中でも有用な投資だと思う。

などと考えるとマインドセットとしてはほとんどのこと投資だと思ってるんですね。結局、自分の仕事を自分でドライブしていくために、より良い仕事にするために、仕事で稼いだお金を自分の仕事に投資していく、そうやって走らせていくのがフリーランスの仕事で、使い過ぎは駄目だし、倹約も大事だけど、別に車買ったりするわけじゃないので(買う人もいるだろうけど)、その辺の思い切りの良さは大事じゃないかなあと思います。

あと、コストでも投資でもなくて、限りなく投機に近いものとかもありますよね。THETAとかそうだったかも。今でも使ってるし、ETのWebサイトのトップページで使ってる写真もTHETAで撮ったものあるので、利用はできてるんだけど、思ったよりは現場で活用できてないので、振り返って本当に必要だったかと考えると、投機的な意味合いが強かったかなあと思ったりもします。この辺は、しまったな、と思っておくことも大事かなあと。

昔からよく言うんだけど、僕が元々やってる広報的な意味合いが強いWebサイト、今だとオウンドメディアとか言われるけど、そういうのって「コスト」って考えられちゃうんですよね、どうしても。ただそれだと仕事やってる方もつまらないので、極力それが「投資」と認められるように仕事を形作っていく、みたいなことは案外、自分の仕事における「コスト」と「投資」の感覚に近しい工夫が必要なのだろうと思うのですよね。

まあ、あんまり難しいこと言わずに、気分よくお金払ってもらえるように仕事する、ってことかも知れないですが。

なまじ一人で仕事をやってると、色々なことができた方が便利なので、かえって企業の勤めてる人がオフィス環境に用意されてるものより、金額の多寡は別として、色々なものが必要になって来ることもあろうかと思います。うちもなんか色々揃っている。ただ、そういう必要経費と言われるものをできるだけその時走らせてるプロジェクトで、吸収しながら回していく、そういうコントロールが大事じゃないかなと。

とは言え、もうちょっと経費削減したいところだなとも思ってるところでもあるのだけれども。まあこういう辺りも、こういう仕事の面白いところではありますよね。

Canon キヤノン インクジェットプリンタ PIXUS iX6830
キヤノン (2014-02-13)
売り上げランキング: 1,072

しかし、昔、3倍くらいの値段してたイメージなので、安くなったよな感はあります。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram