2015/2/7

『インターネット的』 糸井重里 – 僕らには十分な助走があった

糸井重里さんを同世代の人というと、大変語弊があるのだけど、糸井さんがパソコンを買ってインターネットを始めたのが1997年、ほぼ日刊イトイ新聞を始めたのが1998年とあるので、まあある意味、というか、「インターネット的」な意味では同世代なのかなあと思う(僕がMacでAOL始めたのが1995年、Webデザインの仕事に就いたのが1998年だ)。『インターネット的』は当時新書として2001年に発売されて、本書には「あまり売れなかった」と書いてあるけど、実際はどうなのだろう。復刊されたと聞いて、久し振りに読みたくなりまして。

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 17,709

この本がスゴイって話は結構ありそうなので、何か個人的に思ったことを書いておくと、「インターネット的」なことがようやく社会に浸透したのがこの10年余りだったのかなあと思う。例えば、Uberが福岡で始めたライドシェアとか、地元横浜ではチョイモビというのがあるし、「リンク、シェア、フラット」ってソーシャルメディアが普及する前から、この本には書いてあって、まあでも当時にしたって全く突飛な話ではなくて、「そうだよね」と思ったわけだから、時間がかかっていたのは、そういうことの社会への浸透なのかと思います。あの当時ってまだ、「生活」とか「暮らし」みたいなのが「インターネット的」になるって実感はまだなくて、むしろポケベルからケータイになって、インターネットの話もその多くはコミュニケーション論として語られていたから、今、振り返って本当に色々なことがこの文脈に収まるのだろうと思います。

2000年代のインターネット的な啓蒙書

ところで、2000年代のインターネットについて、インターネットのことじゃなくて、「インターネット的」なことについて書かれた平易でわかりやすい本、つまり啓蒙書としては僕、この3冊を挙げたいです。

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 17,709
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 34,086

思えば『インターネット的』を起点に、その後、ビジネス寄りな『ウェブ進化論』とライフスタイル・ワークスタイル寄りな『ヤバいぜっ!デジタル日本』の話があって、この辺り読むと、前の10年20年の人たちがどういうこと考えてたのか、若い人にとっても窺い知れる内容なんじゃないかなと思います。

僕らには十分な助走があった、とは

でまあ、糸井重里さん、梅田望夫さん、高城剛さんって、この世界にネイティブだった人達じゃないですよね。コピーライター、コンサルタント、ハイパーメディアクリエイター。この辺の既に実績と経験がある人達が、同じタイミングで僕らが手に入れたツールを色々噛み砕いてくれたりして、僕らには「インターネット的」なことを考えるのに十分な助走があって今を迎えてるなあと、かなりおっさんの戯言っぽいですが、思うわけです。

だから今の時代の若い人、言わば「ネイティブ」の人が今を正しく捉えるために、この3冊を読んでみることは結構意味があるんじゃないかなと思います。多分、そんなこと全部知ってるよ、って話にはあまりならない気がして、むしろ、そんな前からこういう話ってあったのか、みたいになる気がしている。

そうすると多分色々なことの整理になる。

あの時代の空気感が、文化論として、スタイル論として、時代の啓蒙書として読める形で残ってるのには意味がある気がしていて、この辺は読んどいて損はない気がしますね。あと、梅田さんはちょっと最近見かけないけど、糸井さん、高城さんは、今もなお、「インターネット的」に面白いですね。

この辺りには普遍性っぽいものがある。

インターネット的 (PHP文庫)
糸井 重里
PHP研究所 (2014-11-06)
売り上げランキング: 17,709
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 34,086
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram