2015/2/2

ETのWebサイト変遷(2005年〜2015年、実は2002年ってのもあった)

まあWeb制作の仕事とかずっとやってるわけですが(ずっと同じことやってるよね、と古い友人には半ば感心される)、なんか古いデータが結構まだ手元に残っていることに気付きました。

2002年

おまえ、独立したの2005年だろという話なのですが、ちょっと黒歴史で、学生時代の仕事を引退して、就職までの期間に、今も仕事でもつるんでる某友人と地元のWebの仕事を取ってくるから、そっちで作れという話になり始まったExperience Transporters。まだ個人事業主にすらなってなくて、なんだったんだあれはw。Flashでしたね。

ET

ロゴが若いw。

ET

ET

学生の終わりなので言葉が青いですがw、まあ今と言ってることそんな変わってないかもですね。やってることそんな変わってないからな。

2005年

おお、個人事業主になった頃だ。

ET

画面幅が狭い。時代だ。。。この時はテキストの方が面白いかな。それからしばらくずっとこれ言ってた気がする。

繁茂する経験 / Flourish Experience

「情報過多の時代」が叫ばれて久しく経ちます。私達はこの間、情報の飽和に慣れ、大量の情報を捌き、多様な情報を管理することを覚えました。次なるフェイズは何でしょう。「経験過多の時代」の来訪を予感しませんか。

情報を取り入れるだけでなく、その情報がトリガーとなって、ネットで、ないし、リアルにおいての実際のアクションに結びつく。様々なマーケティング施策は、情報を発信するだけでなく、行動を喚起する、というところにまで辿り着いています。今までの「情報」は、実の伴った「経験」となります。「繁茂する経験」に、私達の生活は囲まれることになります。

それでは、溢れんばかりの経験、その機会に、私達はどう対処するのでしょうか。経験の飽和に慣れ、大量の経験を捌き、多様な経験を管理するようになるのでしょうか。もしそうなら、そんな世界はいささか殺伐とし過ぎている気がします。ただ、私達の経験に対する審美眼は、接する経験の量に比例してきっと磨かれるはずです。

「経験過多の時代」に、よりヴィヴィッドで、より良質の、他に抜きん出た経験をご提供することを目指して、エクスペリエンス・トランスポーターズは活動しています。

2008年

ET

ロゴが新しくなりましたー。Flashですね。マウスを動かすとロゴが追従してくるという謎の機能がw。

ET

これロゴの成り立ちですが、今も言ってますね。

ロゴマークの由来 | ET Inc / 株式会社イーティー

2009年

Experience Transporters

ここで遂にCMSが入りました。当時、MovableTypeですね。多分、この頃、写真始めて、何となく好きな写真トップに出してたのだろうと思います。

2011年

Experience Transportersリニューアル

遂に!WordPress化されました。しかし見た目、地味ですね。まあそういう時代の雰囲気だったのか(多分あまり関係ない)。

2014年〜

et

で、最終的にこうなったのが2014年5月。9年目で奥会津の駅舎がなぜかトップに出ているWebになったのでした。

まとめ

振り返ると面白いですね。昔はFlashで自社サイト作っていたこととか、WordPressの前はMovableType触っていたこととか、本人も忘れていた。ブログ書く時にFlickrにアップするようになってて助かりました。特にCMS入れてからは手元にデータないですからね。

色々、過去を振り返ると、香ばしい限りでしたが、まあ事実なのでw、今のWebは割と気に入ってるし、割と長く使いたいなあとは思ってます。今後とも宜しくお願いします。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram