2015/1/3

カナエール、2015年エンパワ募集説明会、2016年関西開催を目指した勉強会、いよいよスタート!

1月になりました。いよいよ半年後のカナエール開催に向けて、色々なことが動き出すそうです。1月11日よりエンパワ(サポートボランティア)募集の説明会が、1月12日には「2016年の実施を目指す勉強会 」というのが関西圏でカナエールの取り組みを知っていただくために開催されるとのこと。元旦に思ったのですが、あっという間に残り半年、ということになってしまったなという気がしています。

2015年、エンパワ(サポートボランティア)募集の説明会

今のところ1月内東京と横浜合わせて計6回が行われる予定で、平日の夜や週末の日中など、参加可能な時間帯もある程度ばらけています。募集ページ自体にも公開以来、皆さんからのFAQを掲載されたり、これまでのエンパワ経験メンバーのインタビューを掲載されたりして、できる限り興味を持っていけるよう準備が進められています。説明会の予約も順調にいただいているとのこと、どういう方が、どういう経緯で、このプログラムへの参加に興味を持ってくださったか自体は、僕もわからないところではあるのですが、普段と違う畑で、違う仲間と、違う目的のもと、真剣に真摯に問題に取り組む機会という意味で、色々な社会人の人にとって有意義なプログラムだと思っています。

エンパワ(サポート・ボランティア)募集 | 児童養護施設の若者の夢を支援するプログラム「カナエール」

是非、ご参加いただければと思います!

2016年、関西開催を目指した勉強会

イベントの正式名称は「【奨学金支援カナエール@関西】2016年の実施を目指す勉強会」になります。2016年つまり、今年開催をまたいで、翌々年、関西圏でもカナエールを開催できないか、その可能性を模索するべく、勉強会が開催されます。カナエールの第1回開催から主軸となって関わってる2人が現地に伺うと聞いています。僕も関西圏で精力的に活動している方々に少しお声がけをする際にお話したのですが、進学、中途退学が通常のそれより多い(割合として)とされる児童養護施設を退所した若者たちに、資金と意欲の両面をサポートするべく開催されるのがカナエールの夢スピーチコンテストです。スピーチコンテストに挑戦する「カナエルンジャー」を3人の社会人「エンパワチーム」が支え、スピーチコンテストに実際にサポートしてくださる方に来場いただいて、その開催にスポンサー企業やアンバサダーの皆さんにご協力いただきながら、実行委員会の仕組みでNPOのBridge for Smileによる事務局を中心にしながら外部の実行委員でビルドアップしているプログラムです。昨年は東京に加え、横浜・福岡でも開催され、ベースになるスキームを活かしながら、現地で自律的に走っているのがカナエールの全国展開の特徴でもあります。

関西での勉強会開催は、まずプログラムを知っていただくこと、その上で、この支援の輪をまだカナエールが届けられないエリアにも広げるため、2016年に向けて行われる勉強会です。

1月12日 【奨学金支援カナエール@関西】2016年の実施を目指す勉強会(大阪府)

是非会場に足を運んでいただいて、カナエールの取り組みを知っていただくとともに、不明な点や疑問に感じる点について、教えていただければ幸いです。

まとめ

以上、2015年入っていよいよ大きく動く、カナエールの2つのアクションのご案内でした。僕自身、Web関連でコンテストが終わるまで、やらねばならぬことたくさん見えて来ており、僕にとっての1年目以上に、今年(つまり僕にとっての2年目)、頑張っていきたいと思います。

引き続き応援の程をよろしく御願いたします。

エンパワ(サポート・ボランティア)募集 | 児童養護施設の若者の夢を支援するプログラム「カナエール」

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram