2014/12/17

Lomo Instant – インスタントなアナログカメラ

僕は写真始めた頃からデジタルカメラなのですが、Flickrでも海外の、特にロシアの人の写真とか、後はInstagramとかですよね、見てて、中判とは言わずとも、ちょっとトイカメラっぽいフィルムカメラ触ってみたいなあと思っておりまして。ただフィルムの現像は面倒だしなあというところで、カジュアルに使うのにちょうど良いカメラを見つけました。

Lomo’Instant Camera Sanremo & 1x Fuji Instax Mini Film – ロモグラフィーオンラインショップ

僕はSanremoというカラーを買いました。ベージュとブラウンでクラシックな感じで絶対これが良いと思った(他に白と黒があります)。

Lomo Instant

Lomo Instant

単4乾電池を4本入れて、Instaxというチェキ用のフィルムを入れます。後は露光やフラッシュや焦点距離の設定があるので、適当にやったら、シャッターを押すだけ。ポラロイドとかチェキみたいにしゅるしゅるーっと撮影した写真が出て来ます。シャッターレバーを引く感じとかも楽しい。

Lomo Instant

昔、ポラロイドの690SLRってのかっこつけで持ってたんですが、なかなか使いこなせず、今は写真撮るの日課みたいになってるので、色々活用方法がありそうです。とりあえず、明日来客の予定なので、撮ろうかな。

チェキもクラシックのがあるみたい。

これはなかなか楽しめそうです。覚えることが結構ありそうですが、おいおい使いこなせるようになりたいなあと思います。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram