2014/11/27

「東北和綴じ自由帳展」に行って来た – あとウェルフェア・トレードのこととか

ちょっと出かけにFacebookで見かけて、面白そうだったので、営業帰りに新橋のG8に「東北和綴じ自由帳展」というのに行って来ました。面白かった。

東北和綴じ自由帳展 リクルートの2つのギャラリー

東北の、障がいを抱えている方たちの施設で、「和綴じ製本」で自由帳を作り、187人の第一線のクリエイターが表紙をデザインしたものが展示されています。展示としてもすごく面白かった。それと一冊900円でその場で買えます。僕は浅葉克己さんのものを購入しました。陳列されてる中では最後の一冊だった。

https://farm8.staticflickr.com/7540/15888918425_d65621cdd6_b.jpg

面白いもの色々あったので、インテリアショップ感覚で見れると思います。

東北和綴じ自由帳展

東北和綴じ自由帳展

ちょうど去年の冬の終わりくらいに、遠野と釜石に行く機会がありました。

kosukekato.com : the idea espresso » 遠野、釜石 – シビック・プライドとウェルフェア・トレード

僕は職員の方にパソコン教えに行ったのですが、現地の作業所にいた子は、和製本職人さんになられたと先ほどうかがい。僕のが彼の手によるものかはわからないけど、そういうのがきちんと手に取れる形で世に出ていくのは良いですね。ハンディキャップを抱える人の丁寧な仕事に、クリエイティブで付加価値を、適正な価格で流通させる、1年前に聞いた話が、わかりやすい形になっていた展示だなあと。

気軽に立ち寄れる展示なので(入場料無料)、是非覗いてみてください。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram