2014/11/25

WordPress、破綻のシナリオ

なんかたまには思いっきりネガティブに考えるのも大事なんじゃないかという境地に至り、WordPressを主軸にしたWeb制作的なことが行き詰まるとしたら、どういうことが考えられるか、というのを一旦考えてみようと思いました。僕、WordPress屋さんっぽいこと言ってますが、業界のトップランナーと日々切磋琢磨してるわけでもないし、今どういうことが話題になってるかにも疎いし、なんか考える良い機会な気がした。

低価格化

先日も友人と少しクラウドワークスの上場の話などをしていたのですが、ああいうプラットフォーマーが強い影響力を持つようになると、低価格化は避けられないよな、ないし、利益の薄い商売にならざるを得ないよな、という話をしていました。普及してるということは、それだけプラットフォームに乗りやすいタイプの仕事だと。

短納期化

これは低価格化と対になると思うのですが、利益が薄ければ回転数を上げるしかないし、あと世の中的にコモディティなもの、って短納期でできるでしょ、ということにもなりやすいのかなあという気がします。

リソースの分断

WordPressのようなカジュアルなCMSが普及して、Webデザイン得意な人がシステムを導入できたり、システムを得意な人がWebデザインできたり、みたいな「ミディアム」をしばらく育てて来たようなことがあるように思います。ただ、コモディティ化が進んでくると競争力を高めるためにはそこを一緒くたにしにくくなるのかもなあという気もします。

海外との隔絶

WordPress、とてもグローバルなプラットフォームです。デベロッパーも海外に多く、リソースも、一定の閾値超えると海外のものを参照しないとなかなか難しいこともしばしば。加えて、最近、改めて海外進んでいるなあと思わされていて、キャッチアップし続けていけるかも気になるところ。

リッチUIを簡単に実装できるサービスの台頭

こないだNPOのお知り合いに簡単なWebページ作りたいって言われて、Strinkingly薦めるだけ薦めて、試してみてくださいー、と投げたら「できちゃいました!」って返って来て僕もびっくり。ビジネスでも使っている仲間もいるし、こういうものがリプレイスするものもあるでしょう。

情報発信を目的にするWebの衰退

ブログとか中小規模のコーポレイトサイトとかオウンドメディアみたいなものとか、そういう情報発信を目的とするWeb自体が衰退するとすれば、なんか違う目的に特化されたCMSじゃないと吸収できないみたいなことも起こり得るかなあ、などとも考えました。

まとめ

実はこの記事を書こうと思ったのはたまたまこの記事を読んだからでした。

WordPressで「ささっと作る」で請けれなくなってる現状。 | バニデザノート

僕個人としては上に書いてあることの処方箋は一応準備してあるつもりなのですが(主に仕事の仕方としてだけど)、とは言え、あんまり昼行灯を決め込むわけにも行かないし、この辺の感覚って、業界がどういう風になっていくのかということにもなるだろうし、それって、多かれ少なかれクライアントのマインドがそれによって変わったり、新しい話の性質が変わったりすることも起こり得るのかなあと思います。そういうことの準備も、自分のスペックの準備とは別に、やっぱり必要だよなあと。単純にトレンドが変わるとか、そういうことでもなくて。

逆にセキュリティが、とか、モバイル・ファーストが、みたいなことはあまり争点にしませんでした。あんまり僕が特別強みにしてないことを考えてもなというところもあり。

まあ問題をきちんと咀嚼するにはネガティブシンキングも大事ですよね、とか思いながら書いてみました。

加藤 康祐 / 企画・設計

プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。Webデザインを入り口に、2005年よりフリーランスとしてのキャリアスタート。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート。ラグビーと料理、最近イラスト。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram

(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円