2014/11/3

鎌倉ダンスフェスティバル「Soul Fire」に行って来た

前回の「閃」に引き続き、鎌倉ダンスフェスティバル 2014の千秋楽となる「Soul Fire」に行って来ました。このプロジェクト、元々、iikuniというクラウドファンディングで知って、仕事仲間が手伝ってることもあり、後はObaさんがもう一度観てみたかった。以前、ほんのちょっとだけど、ツナグプロジェクトの前のオフィスに伺った時に、踊っているのを観る機会がありまして。

それからすげえんだなと思って、ネットとかで動画観たりしてました。ダンス全然わかんないですけど。

さて、本日、超満員で、今回クラウドファンディング席で椅子あったので良かったものの円覚寺佛日庵は立ち見のお客さんがところ狭しとなるほど満員御礼状態でした。前回は3人チームだったけど、今回はObaさん独演で、最初どう入って行ったらいいもんか(自分が)という雰囲気だったけど、途中から夢中になって見入ってました。特に静かな動きの中にも静と動というか強と弱みたいなのがあって、滑らかにコントロールされた動きがある一方、2〜3cmくらい筋肉を緊張させた状態で刻むように動かしてくの、なんかすごかった。

『さくらん』みたいな着物羽織って女型みたいなシーンもあったし、サングラスとコートでストリートのダンスやるシーンもあったし、バラエティに飛んでいて面白かった。これすげえことやってるんだろうなあ、どうやってるかさっぱりわかんないけど、という感じで体が制御されていました。山下達郎で踊ったり、椎名林檎で踊ったり。ああ、面白かったな、と今反芻しています。

今回手伝っている仕事仲間が、こういう地域に根づいた施設を活用したプロジェクトとして広めていきたいみたいなこと言ってたんだけど、良いのではないかと思いました。ああいう神社仏閣でコンテンポラリーダンスみたいなものを観る、って神社仏閣で舞台見る機会も少ないし、コンテンポラリーダンスを観る機会も少ないわけで、ただ、2つの合わせ技でオリジナリティを作りながら、両方に馴染みの少ない人を引き込んでいく。新しいプロジェクトの「立て付けの妙」だと思います。良いプロジェクトだと思った(何様だ)。

また次の機会があるなら楽しみだなあ、と思ったのでした。

兎にも角にも最終的な感想としては。

強火ヤバイ。

行った人にしかわからない締めくくりでした。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram