2014/10/31

Lohas Talk 原丈人さんの回が面白い – あと、狭域の公益資本主義についての話

原丈人さんは前からすごい人いるなあと思っていたのですが、iTunesでPodCastの更新を眺めていたら、お名前を拝見したので、聴いてみることに。

Lohas Talk【Podcasting 第437回】原丈人さん

21世紀の国富論』を読んでからもう5年も経つのか、という感じですが、当時、この本に影響を受けたところは大きいように思います。

21世紀の国富論
21世紀の国富論

posted with amazlet at 14.10.31
原 丈人
平凡社
売り上げランキング: 38,814

ポッドキャスト面白い。「公益資本主義」の話に始まり、彼のスタートアップ時代の話、PUCの話(パソコンは計算がしたい時代の産物、今したいのはコミュニケーション)、経営の話、そして、植民地化に始まる英語の時代が終わるという話、鉄道模型の話。実際に肉声を聴くのは始めてだったので、色々反芻しながら聴きました。

公益資本主義の話って特に面白いと思っていて、株主価値を最大化するって論理だと、僕が会社をやっている意味もあんまり見つからないんですよね、実は。株主身内だし。でも株式会社として事業をやっていく上で、様々なステークホルダーのお世話になっていて、それらの人達にどのようにアフォーダンスを返していくか、ということなんだろうと思います。

と言いますかですね。

弊社Webサイトより。

the incentive engine

これ、ようは「狭域の公益資本主義」をやりたいって話なんだろうと思います。そんなことを考えて書いたわけでもないですが。パブリックって言うと広そうなイメージですが、うち多分ステークホルダーのバリエーションみたいなものは結構豊富。なんか今日の原さんの話を聴いていて、そんなことを思いました。Lohas Talkのインタビュー、なんかその辺のエンタメコンテンツよりよっぽどエンターテインメントしているビジネストークなので、是非聴いてみてください。

Lohas Talk【Podcasting 第437回】原丈人さん

お薦めです。

21世紀の国富論
21世紀の国富論

posted with amazlet at 14.10.31
原 丈人
平凡社
売り上げランキング: 38,814
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram