2014/10/18

湯呑みでコーヒーを飲む

最近、流行ってるのが、湯呑みでコーヒーを飲むということです。松本行った時に、ちきりや工芸店で湯呑みを買って来たのだけれども、とは言え普通の湯呑みなのだけれども、これで飲むと大分具合が良いです。というわけで、流行っている。

湯呑みだとちょびちょび飲むというのと、一度にたくさん注がないというのとあって、ポットからちょいちょい継ぎ足しつつ、前よりゆっくり飲むようになったと思います。あと、以前、fe.a coffeeでコーヒーカップの話になった時に、多治見の作家さんのカップを見せていただいて、ワイングラスみたいに下膨れの形状が本来的にはコーヒーに向いてるって教えていただいたんだけど、この湯呑み少しそんな感じですよね。

湯呑み、表情があって良いと思います。マグカップで飲んだり、コーヒーカップで飲んだり、湯呑みで飲んだりして遊んでいる、という話でした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

読谷山焼・北窯 宮城正享 湯のみ 刷毛
価格:1540円(税込、送料別) (2020/1/4時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

照屋窯 照屋佳信 ゆのみ 呉須と飴
価格:1540円(税込、送料別) (2020/1/4時点)

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram