2014/10/12

Etsyでの買い物 – 世界の小さな小売業の新しいチャネル

最近、日本語のローカライズも始まっているようで、何かと気になるEtsyですが、Etsyについてはこれからも何度か書いてきました。

Etsy.comって無茶苦茶面白いな : kosukekato.com
アート、デザイン、そしてクラフト – Etsyを愉しむ : kosukekato.com
Etsyで進む(進んでいる気がする)グローバル地場産業 : kosukekato.com

先月、このEtsyでネクタイを注文したのですが、届きまして。良い具合。左側はPendleton、右側はタグにNationalって書いてあります。どちらも厚みがあって、風合いがあって、好みです。ニューヨークのアルバニーのお店のようだ。

Quality Vintage Clothing Men & Unisex Made in by MemoryVintage

結構、僕のPinterestにもEtsyで見つけたもの多いです。

ボード:Want it! | 639 件のピン

Etsyみたいなことはとても面白くて、全員がアマチュアというより、それはヤフオクよろしく、セミプロというか、出店の仕方の一つとしてハンドメイド・マーケットというEtsyが世界中の小さな小売業の新しいチャネルになっているのだろうと思うのだけれども、Etsyなかったら、アルバニーの店で買い物することもなかったでしょうね。ここにも一つのグローバリゼーションがあるんだけど、よくよく考えると、むしろローカリゼーションという感じがする。フォーカスとしては。

個人的には、グローバルなモノのプラットフォームが日本でそれなりに普及したケース、ってありそうでほぼない気がしていて、そういう意味でも、日本でのEtsyの展開は楽しみにしています。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。1998年よりデザイン会社のパートタイムアシスタントとしてWeb制作を経験。2005年に独立、フリーランスとして、企業、個人、NPO、独立行政法人など、様々な領域でのITやデザインによるサポート業務に携わる。2018年、加藤康祐企画設計を開業。これまでの経験を活かし、より広い視野でクライアントの問題解決に取り組み、クライアントと一緒になって新しい価値創出をし、平静な社会の実現を目指す。

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram