2014/8/8

WordPressでテーマをカスタマイズする時のメモ

最近、ETのWebサイトではEnfoldという有料テーマを使っていて、これ汎用性高いので、他のプロジェクトでもベースのテーマとして使おうとしているのですが、一点気持ち悪いことが。いわゆるWordPressで言うthe_excerptの文字切りが気持ち悪い。WP Multibyte Patchが適用されてない、とかではない。どっかで日本語対応してない文字きりしてるんだろうなあ、と思うわけですよ。というわけで、調べます。まず、the_excerptを探す。こういう時、IDE使ってると便利で、テーマのフォルダごとキーワード検索かけちゃえば良いですね。そうすると、

function-set-avia-frontend.php

$excerpt = avia_backend_truncate($excerpt, $length," ");

とかやってるわけです。avia_backend_truncateというので短くしてますね。では次にavia_backend_truncateを探す。そうするとこれと思わしきものが。

function-set-avia-backend.php

$string = substr($string, 0, $breakpoint) . $pad;

おお、見事にmbついてない。というわけで、

$string = mb_substr($string, 0, $breakpoint) . $pad;

と直してやるときちんと文字きりしてくれるようになります。WordPressのテーマ、自分で一からコーディングデータもらって組んでると、こういう困ったことにはならないのですが、あるもの使おうとするとこういうトラブルが出て来ます。でテーマ全体の構造もあんまりよくわかってないし(少なくともEnfoldはそこそこ複雑に作ってある)、そこ一から学習していくものでもないので、こんな感じで部分的にいじってくしかないような気がします。

あるものを調整する作業って言うのは、プラグインの導入でもそうなんだけど、柔軟性の肝になって来る気がしていて、まあ細かい粗全部潰すのも大変なんだけど、有り合わせで間に合わせるの「間に合わす」ための作業って、ある程度必要だなあと思います。そういう意味で言うと、ある程度、デフォルトになるテーマを、有料テーマであるにしても固めておいた方が良いのかも知れない。その上で、どれだけ似通ったり、テンプレート的じゃないように使うかもポイントな気が(まあETのサイトは多分にテンプレート的ですが)。

みたいな話もあります。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram