2007/1/19

不二家とISO9001

シュークリームの細菌数「無限」 不二家札幌工場に記録

膿は全部出しておこうとか、そういう次元の問題でもないですね、不二家。チョコレートにガの幼虫が混入していたそうです。たしかに有機農法の野菜なぞに虫の卵がついてるなどというのは当たり前の話なわけですが、「チョコレートにガの幼虫が混入」という活字を見るとさすがに衝撃的。コンプライアンスとかCSRとか以前の問題です。

[ 安全性の根拠 ]
(1) 菓子工場(平塚・秦野・富士裾野)では、ISO9001(国際規格品質マネジメントシステム)を認証取得しておりこのシステムを運用しながら生産しています。なお、万全を期すための措置として、早急に第三者の外部審査を臨時に受ける手続きを進めております。
(2) 不二家飲料製品については、別会社の委託工場(一部関連会社含む)にて委託先企業が取得した、ISO9001、HACCP及びこれらに準じた製造管理基準に基づき製造しており、食品衛生法の基準を満たした製品です。

この状況で安全性の根拠をISO9001を取得しているからと言っても全然説得力ないし、逆に言うと「ISO9001を取得してる=安心、安全」ということには成り得ないということを証明もしてしまっている事例のように思います。

ただこういうのは、姉歯事件が建築業界の構造的な問題だったことを考えると、食品業界にもあるのでしょうね、構造的な問題。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram