2014/7/21

コーディングをスムーズに実装するためにWordPressのbodyにつけておきたいclass

例によって豆々しい話で恐縮ですが、これ便利です。コーダーさんから上がって来たHTMLファイルって、いくつかの種類のテンプレートのパターンに分かれている場合、それぞれのページを識別するようなclassがcssの頭に割り振られていると思うのですが、通常、WordPressでbodyに振られるclassだと不便だったりします。というわけでfunctions.php足しましょう。

function pagename_class($classes = '') {
         if (is_page()) {
             $page = get_page(get_the_ID());
             $classes[] = $page->post_name;
         }
	return $classes;
}
add_filter('body_class','pagename_class');

これやっておくと、固定ページにスラッグ割り振っておけば、.outlineとか.profileみたいなクラスをbodyに自動的に振ってくれて便利です。後はまあ、もらっているCSSファイルを検索置換でダダーっと書き換えていけば良いです。

スムーズな実装に割とおすすめなTipsです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
WordPressデザインレシピ集
狩野 祐東
技術評論社
売り上げランキング: 197,569
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド
こもりまさあき 岡本渉
エムディエヌコーポレーション
売り上げランキング: 435,263

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram