2014/7/10

リエーブル – ブリア・サヴァランへのオマージュのケーキ

境木商店街のケーキ屋さん。ケーキはあまり詳しくないのですが、何となく見た目でシンプルなサヴァランというのを買いました。しっとりした生地に、リキュールの香りがして、クリームは軽く、レーズンがアクセント。あれです、平たく言うと、お馴染みレーズンウィッチの味です。コーヒーによく合う。そういや、買ってから気付いたのですが、サヴァランって、サヴァランですよね、と思って調べてみました。

サバランとは? – レシピ・歴史・由来

1840年代にパリの菓子職人ジュリアンが考案し、美食家のブリア・サバランにあやかって名前がつけられたそうです。ブリア・サバランとは世界的に有名な19世紀頃のフランスの美食評論家で、この「サバラン」という菓子は彼の業績に敬意を表し命名されました。ノルマンディー産のフレッシュチーズにも「ブリア・サバラン」という名前のチーズがあります。

ふうむ、学がひとつ増えましたね。初めて食べた。多分。

美味礼讃 (上) (岩波文庫 赤 524-1)
ブリア=サバラン
岩波書店
売り上げランキング: 87,873
美味礼讃 下 (岩波文庫 赤 524-2)
ブリア=サヴァラン
岩波書店
売り上げランキング: 88,498
ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円
味覚日乗 (ちくま文庫)
辰巳 芳子
筑摩書房
売り上げランキング: 167,566
おとこ料理讀本
おとこ料理讀本
posted with amazlet at 14.10.29
矢吹申彦
平凡社
売り上げランキング: 361,793
お寺ごはん
お寺ごはん
posted with amazlet at 14.10.29
青江 覚峰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 103,744