2014/6/22

横浜中華街に行くならついでに行くべき悟空

お粥なら謝甜記、お茶なら悟空、というのは中華街好きの人には割とそうではないかと思うのですが、あまり中華街来ない人にご飯食べる以外に見せるもの、というと僕的に後は悟空になります。

::悟空::–横浜中華街で生まれて30年。中国茶・中国茶器専門店 – ::悟空::–横浜中華街で生まれて30年。中国茶・中国茶器専門店

1階が店舗、2階が茶荘になっており、タイミングが良いと人形劇などもやっていた気がします。ここに色々なお茶が売っており、割と楽しいです。中華街行く方は、是非立ち寄ってみてください。中国茶普通に飲んでも美味いですし。2Fでは本格的な飲み方で楽しめるけど、僕は1階くらいしか行ってないなあ。あと東京だと渋谷の道玄坂の上に一軒ありますね。

中国茶 台湾茶 通販 中国茶専門店 華泰茶荘

ちなみに僕がたまに中華街で仕事場的に使っているのは悟空茶吧というカジュアルな方の店です。元町中華街駅からもこちらの方が近い。マグカップに茶葉を入れて蒸らしてから飲むタイプ。ここで継ぎ足しながら仕事している。打ち合わせで使う以外はテラスというかベンチにいますね。

久し振りのET中華街オフィス。

今日、久し振りに中国茶飲もうとなって、先日買って来たのを開けたのですが、美味かった。2時間くらいかけてティーポット3杯楽しみました。中国茶繰り返し飲めるの魅力です(まあだから長居できるとも言う)。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円

加藤 康祐 / 企画・設計

1980年1月12日生まれ。フリーランス歴15年。プランナー、デザイナー。加藤康祐企画設計代表。学生時代にデザイン会社でWebデザインを経験。2005年よりフリーランスとしてキャリアスタート。これまでに個人から上場企業まで、100以上のクライアントとのプロジェクトを経験。主な仕事としてベンチャー企業でのサービスのUXデザイン、独法との防災メディアの編集・運営、社会的養護の子どもたちの自立を支援するNPOのサポート等。趣味はラグビーと料理。Keep the head up, Bind tight & Stay low.

加藤康祐企画設計

是非、フォローしてください!
Twitter / Instagram