2014/6/8

Instagramのバージョンアップがとても良いと思う

久し振りのアプリの話題ですが、Instagramのバージョンアップがとても良いなと思いました。例えば今まで僕がPS Expressでやっていたようなレタッチ(というか色調整)が行えるようになりました。かなり色々なことをInstagramで満足できる。

InstagramってInstaとある通り、元々手軽に誰でもプロっぽい写真が撮れます、みたいなことであったんだろうと思います。フィルタがその最たる例ですね。iPhoneが出て来た時に、カメラ系のアプリは大人気で、色々なものが出て来たけど、単独で一番強いコミュニティを作ったのはInstagramかなあと思いますよね。今更感ありますが。

ところで今回の機能拡張とか、しっかりユーザのニーズ、というか成長に合わせて、対応してきたなあという感じがしました。良い写真をInstagramのプラットフォームにアップしたい人は、これまでもデジタルカメラで撮影した写真をiPhoneにアップして持って来てたり、VSCO Camとか、僕の場合はPS Expressだけど、使っていたと思います。それに準ずる機能をInstagramが搭載して来て、元々の「手軽に誰でもプロっぽい写真が撮れます」みたいなこと、だけじゃなくなっているんだけど、使い込んでいくうちにアプリって「できないことをやれる」ものから「したいことをできる」ニーズに変わっていくんだと思うんですよね。それは暮らしの道具みたいなものと一緒で。

Instagram

そういう意味ではパレットも、フィルタ、自動調整機能の掛け具合、個別の設定という風に、ユーザの練度に合わせて段階を踏んでいるし、それぞれの項目にパラメータも一軸で、機能拡充しながらもシンプルにまとまっていて、Instagramらしいなと思いながら使い込めるアプリになってると思います。

こういうことを思い切ってできるのは、Instagramのコミュニティというかプラットフォーム自体が、ある程度、円熟して来ているからですよね。だから肉付けしていくこともできる。LINEなんかもそうだろうと思うけれども。

当分は僕のホーム画面にはInstagram、鎮座し続けるだろうなあと思うわけです。

ひとり仕事: フリーランスという働き方
(2012-10-5)
売り上げランキング: 14,705
100円